2018年09月22日

蕎麦の花が咲いた

7月に筑前町の「味由」でもらった蕎麦の種を蒔いていたら、
芽が出て花が咲きました。

20180922_100948 - コピー.jpg

20180922_100929 - コピー.jpg

DSC_054320-20E382B3E38394E383BC - コピー.jpg
posted by 理乃(ニックネーム) at 11:12| 福岡 ☁| Comment(0) | ★まほろばの花たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月18日

玉簾

史跡地で白い花がぽつんぽつんと咲いているのを見かけました。
そうだ家にも咲いているかもしれないと、
庭を探すとありました。

20180918_100351 - コピー.jpg

タマスダレ。

20180918_101311 - コピー.jpg

葉の部分がすだれみたいです。
彼岸花科なので、まさにこの時期なんですね。

20180918_101333 - コピー.jpg
posted by 理乃(ニックネーム) at 12:06| 福岡 ☁| Comment(0) | ★まほろばの花たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月05日

福岡農業高校農産物販売会

看板を見たので初めて福岡農業高校の農産物販売会に行ってきました。

20180905_155935 - コピー.jpg

16:10からだけど、30分前には行ったほうがいいです。
生徒が案内してくれる道に行くと、農地が広がっていました!

20180905_155416 - コピー.jpg

駐車場に着くと、番号札をまずもらいます。
早く到着した組は竹串をもらえます。
竹串を持っている人から中に入り、
そのあとから番号順に入っていきます。
お客さんが多いと品物がなくなってしまいそう。
最後に残った巨峰を買えました。

20180905_164252 - コピー.jpg

新鮮で甘くて大粒の巨峰が400円。
パンは二個入って150円でした。

20180905_164327 - コピー.jpg

帰りは来た道とは反対方向に出ていきます。

20180905_155716 - コピー.jpg

◆福岡県立福岡農業高校:太宰府市大佐野250

posted by 理乃(ニックネーム) at 23:27| 福岡 ☀| Comment(0) | NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月26日

九博 シンポジウム「魏志倭人伝のクニグニネットワーク」 - クニグニをつなぐ道をたどる -

九博のシンポジウム「魏志倭人伝のクニグニネットワーク」
- クニグニをつなぐ道をたどる -に行ってきました。

40088264_1769864813131557_1032605400333025280_n.jpg

基調講演は西谷正(九州大学名誉教授)先生の「魏志倭人伝の世界」。
事例講演は早川和子(考古イラストレーター)先生の「弥生時代の遺跡を取り巻く風景」。
リレートークはクニグニがあった各市町担当者による地域紹介。
魏の使いがやってきてたどったクニグニ、
対馬国、一支国、末盧國、伊都国、奴国、不弥国の風景を想像しながら聞きました。
考古イラストレーターの早川和子さんのお話が聞けたのもよかった。
早川さんの絵、元アニメーターということで人物に血が通っていて、
ほのぼのして好きです。

※パンフ表紙のイラストは早川和子さん。
posted by 理乃(ニックネーム) at 18:17| 福岡 ☀| Comment(0) | ●九州国立博物館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月25日

水城幼稚園裏 発掘調査現地説明会

今日、大宰府条坊跡第326次調査の現地説明会がありました。

20180825_101224 - コピー.jpg

場所は水城幼稚園裏の田んぼ。

20180825_101519 - コピー.jpg

開発されるために調査が入っています。

20180825_100439 - コピー.jpg

20180825_104756 - コピー.jpg


なんと古墳時代の竪穴式樹居跡や平安時代の遺構、須恵器、土師器がたくさん出ています。
生々しくフレッシュな色彩を保つ土器。

20180825_103853 - コピー.jpg

20180825_105009 - コピー.jpg

20180825_104225 - コピー.jpg

発掘途中の竪穴式住居跡を見るのは初めてのことで、
興味が尽きませんでした。
暑くて汗が次から次に吹き出す日でしたが、
行くことができてよかったです。
posted by 理乃(ニックネーム) at 18:20| 福岡 ☀| Comment(0) | NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月20日

映画「君の膵臓をたべたい」福岡ロケ地

映画「君の膵臓をたべたい」。
青春の光のように、映像が淡く、きれいでした。
福岡ロケ地は筥崎宮前の「花山」。
ここではモツの串焼きを食べてましたね。
そして太宰府天満宮へ!
天満宮も参道も季節が初夏で一番美しいとき。
おみくじの色も若草色でした。
梅が枝餅は寺田屋さん。
そして福岡に戻り、福博であい橋、清流公園で語らい、
お泊りはヒルトン福岡シーホークの最高級のお部屋。
「君の膵臓をたべたい」の意味は映画か原作で確認を。
誰かに「君の膵臓をたべたい」と言う言葉を届けたくなるかも。
posted by 理乃(ニックネーム) at 11:00| 福岡 ☀| Comment(0) | ★太宰府と文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

映画「君の膵臓をたべたい」福岡ロケ地

映画「君の膵臓をたべたい」。
青春の光のように、映像が淡く、きれいでした。
福岡ロケ地は筥崎宮前の「花山」。
ここではモツの串焼きを食べてましたね。
そして太宰府天満宮へ!
天満宮も参道も季節が初夏で一番美しいとき。
おみくじの色も若草色でした。
梅が枝餅は寺田屋さん。
そして福岡に戻り、福博であい橋、清流公園で語らい、
お泊りはヒルトン福岡シーホークの最高級のお部屋。
「君の膵臓をたべたい」の意味は映画か原作で確認を。
誰かに「君の膵臓をたべたい」と言う言葉を届けたくなるかも。
posted by 理乃(ニックネーム) at 11:00| 福岡 ☀| Comment(0) | NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月18日

シンテッポウユリ

庭にシンテッポウユリが勝手に咲いてました。

シンテッポウユリ - コピー.JPG

お花屋さんで買う百合より小振り。
茎に葉がびっしりとついてました。
posted by 理乃(ニックネーム) at 17:15| 福岡 ☀| Comment(0) | ★まほろばの花たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

太宰府と文学:夏目漱石の俳句

森鴎外が訪れるちょっと前の明治29年、
夏目漱石は新婚旅行で福岡を訪れています。
行った先々で俳句を作り、正岡子規に送っています。
太宰府では3つの句を作っています。

@天満宮

反橋(そりばし)の 小さく見ゆる 芙蓉哉(かな)

A観世音寺

古(ふ)りけりな 東風(とうふう)の額 秋の風

B都府楼跡

鴫(しぎ)立つや 礎(いしずえ)残る 事五十(ことごじゅう)

太宰府を鴎外も漱石も歩いたなんて、ワクワクします。
posted by 理乃(ニックネーム) at 17:13| 福岡 ☀| Comment(0) | ★太宰府と文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月17日

森鴎外「小倉日記」

img537.jpg


森鴎外の「小倉日記」。
明治32年から35年まで、2年10ヶ月に渡って、
第12師団軍医部長として小倉に暮らした鴎外は誰と会ったとか、
どこに行ったとか、淡々とした文章で小倉時代の日記をつけていました。
ただ漢文調なので、読みにくい。

その中で二回太宰府を訪れたことが書かれています。
一回目は明治32年10月2日。
久留米米出張の時、二日市から人力車に乗って、
太宰府に泊まっています。
その旅館こそ参道の「松屋」さん。
隣室は村の男が泊まり、女性を数人連れ、
淫猥な歌を歌ってうるさい。
さらに住吉小学校の生徒百余人が同宿。
生徒たちは宝満山へ登って日の出を拝むために、
朝二時に起きて出かけていきました。
終夜騒がしくて眠れなかったと散々な印象が書かれています。
そして一句。
「遠足や 生徒寝あまる 秋の宿」

翌日は天満宮、観世音寺で丈六仏を見、
戒壇院、都府楼跡まで足を伸ばしています。
今ある3つの碑は当時、都督府古址、太宰府址碑の2つしかなく、これも見ています。

二回目は明治35年3月19日。
再婚した美しい妻、茂子を連れて。
雑餉隈で下車し、大野、水城を経て祠に行き当たります。
祠がどこかは不明。
夜は田中賢道氏の家に泊まり、吉嗣排山も来て、
高山彦九郎正之の書を見ています。
翌日も吉嗣排山が訪れ、書画扇を贈られています。
posted by 理乃(ニックネーム) at 00:42| 福岡 ☁| Comment(0) | ★太宰府関連本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする