2015年08月28日

いつもどこかでなにか発掘

水城のこのあたりには五軒長屋があったという。

DSC_0383 - コピー (2).JPG

近くには旅籠屋があって、麹屋もあって、
そして五軒長屋には醤油屋さんが昭和40年代まで残っていたという。
かつて日田街道と呼ばれたこの道筋。
この道筋を訪ねて歩いていると、
街道添いがにぎやかだったころを彷彿とさせる旧家が立ち並んでいる。
この写真の遺構には茶碗のかけらが見える。
posted by 理乃(ニックネーム) at 21:54| 福岡 ☁| Comment(0) | ●水城跡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月27日

太宰府天満宮参道 北谷之窯のカップとお皿

ぐるぐる目が回りそうに忙しく、緊張もした一日。
北谷之窯さんのカップとお皿を眺めていっぷく。。。

DSC_0378 - コピー.JPG

カップは印花紋が押してあるけど、
白土の象嵌はしていないタイプ。
お皿の方は象嵌のあるタイプ。
梅のような枝ぶりのデザイン。
深みのある色がすてきです。
posted by 理乃(ニックネーム) at 18:16| 福岡 ☀| Comment(0) | ★参道のお店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月26日

ベトナム水上人形劇

ベトナム水上人形劇はベトナムを代表する伝統芸能。
民族衣装を着た演者たちが伝統音楽を演奏し、
セリフも担当。

DSC08918 - コピー.JPG

水を張った特設のステージでの後方で人形遣いたちが
水の上の人形を自在に操ります。
出し物は龍の舞や、農業、鳳凰の舞など、ベトナムの文化や生活に根ざしたもの。
ご愛嬌で、龍が観客めがけて口から水をピュウっと吹き出す場面も。

DSC08922 - コピー.JPG

伝統楽器の中に弦がたった一本の楽器があって、
その艶やかな音色がすてきでした。
音楽もテンポがよく、水辺に生きるベトナムの人々の明るさが
よく伝わってきました。

DSC08925 - コピー.JPG

DSC08926 - コピー.JPG

ベトナムに行かなきゃ見られない水上人形劇が、
今なら九博で見れちゃいます。
とってもチャーミングで、大好き。
なんと無料。
公演はあと二日。

★26日(水)11:00〜11:40
      13:00〜13:40 
      15:00〜15:40

★27日(木)11:00〜11:40
      13:00〜13:40 
      15:00〜15:40
posted by 理乃(ニックネーム) at 20:18| 福岡 ☀| Comment(0) | ●九州国立博物館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月22日

どんかん祭りのしめ縄づくり

今日、天満宮に行くと、藁のいいにおいがしていました。
どんかん祭りのしめ縄を地域の方々が作ってらっしゃいました。

DSC_0305 - コピー.JPG

藁は太宰府の三条のものだそう。
一本一本の藁を束ねていくことから始まる
しめ縄づくりの現場を始めて見ました。

DSC_0313 - コピー.JPG
posted by 理乃(ニックネーム) at 23:39| 福岡 ☀| Comment(0) | ●太宰府天満宮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月21日

2013年 古都の光

9月23日と25日、
太宰府では古都の光という光のイベントが行われます。
政庁跡や太宰府天満宮、水城跡、観世音寺など、
太宰府各所が光に照らされます。
去年は友だちを連れて見たのですが、
一昨年、太宰府を離れていて見ることができませんでした。
悔やまれます。
とても洗練された構築物がそこにありました。
写真を手に入れることができたのでアップします。

DSC_0194 - コピー.JPG

かって政庁跡にあった正殿の柱を光によって現出させたのです。
昇華された美の世界。
ここに光の芸術の一つの完成された姿があったように思えます。
政庁跡に当時の建物を再現させるという意見もあるけれど、
わたしは政庁跡には何もなくていいと思います。
幻視すればいい。
こうして光によって再現するという美しい方法もあるのです。
 ※光の柱 提供:飛鳥社寺
posted by 理乃(ニックネーム) at 00:02| 福岡 ☔| Comment(0) | ●都府楼跡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月19日

さりげないおもてなし

参道の一角で花を飾り続けていらっしゃる
小田家の今日のお花です。

DSC_0291.JPG

posted by 理乃(ニックネーム) at 20:07| 福岡 ☁| Comment(0) | ★参道のお店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月18日

アメリカノウゼンカズラ

今日も暑い日でした。
赤いダリア、百日草、そしてアメリカノウゼンカズラ。
青い空の下、夏の花が咲いています。

アメリカノウゼンカズラ - コピー.JPG
posted by 理乃(ニックネーム) at 20:21| 福岡 ☁| Comment(0) | ★まほろばの花たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月17日

竈門神社近くの「土地食庵 ばんから」

親戚が来たので内山の美味しい地鶏を出す店に行きました。
地鶏の美味しさには定評があり、
まさにそのとおり。
竈門神社駐車場から右手に入り、少し進んで左手にぐっと登る道があるので、
離合にどきどきしながら登って行った先にある一軒家。

DSC_0270.JPG

オーナーのご実家の大正13年の建物の梁などを使った高い天井や
塗りの扉が落ち着きます。

DSC_0265.JPG

この場所で営業12年とのこと
もともとこの場所は浄戒座主坊だったそうです。
目の前には天拝山が見えます。窓の前にはモッコクの木。
そして不思議な鳥の鳴き声がします。
ちょっとガラガラした声でつくつく法師の鳴き声を真似て鳴いています。
相聞鳥とも言うようですが、
正式の名前は分かりません。

DSC_0256.JPG

DSC_0262.JPG

玄関には三好達治の詩を手の形に書いたものが掛かっていました。

DSC_0267.JPG

「祖母は蛍をかきあつめて
桃の実のように合わせた掌の中から
沢山な蛍をくれるのだ
祖母は月光をかきあつめて
桃の実のように合わせた掌の中から
沢山な月光をくれるのだ」

おばあちゃんという存在の無償の愛が伝わってくる詩ですね。

◆土地食庵 ばんから
TEL:092-921-8221
太宰府市大字内山832-2
posted by 理乃(ニックネーム) at 18:04| 福岡 ☁| Comment(0) | ★グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月15日

3年目のお礼

2012年。わたしはニューカレドニアにいました。
日本語のほかに、大勢の生徒たちに日本文化を教える時間で、
折り紙を紹介していました。
とても人気があって、来る生徒の人数を制限しなくてはならないくらいでした。
そこで困ったのが教材の折り紙。
わたしの住んでいた町では売っていませんでした。
そこで、そのときやっていたブログ「理乃のニューカレドニア便り」で
緊急コールを行ったところ、
大勢の友だちが折り紙を送ってくれたのですが、
その中に、ただブログを見ていただけで送ってくださった
本当に芯から善人だと思える方が数人いらっしゃいました。
感謝してやみませんでした。
今日、わたしはその一人に偶然会えました。
思ったとおり、ひと目でその優しさが分かる方でした。
今一度、感謝します。
ほんとうにありがとうございました。
posted by 理乃(ニックネーム) at 21:19| 福岡 ☀| Comment(0) | ★日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

70年めの終戦記念日

8月15日。
終戦記念日。
正午のサイレンが鳴った。
多くの悲劇を生み出し、多くの人生を変えた悪どき戦争。
父は飛行機作りを夢見た青年だった。
学んでいた飛行機作りの大学はその課を奪われた。
大きく人生が変わった。
西へ向かう列車の車窓から、焼土の広島を通過して唖然としたと言う。
戦争を知らないわたしたちに機会あるごとに戦争の話をしてくれた父だった。
衛生兵だった叔父は原爆投下後の長崎にやられ、
それが原因で体調を崩すことになり亡くなった。
ロシア文学を専攻した叔父。
ベレー帽がとても似合う大好きな叔父だった。
すべての悲劇に黙祷。。。
posted by 理乃(ニックネーム) at 12:42| 福岡 ☀| Comment(0) | ★日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月14日

ケガワタケ見つけた【坂本区】

太宰府市坂本区。
取材のための人探しの途中でふと目にとまったきのこ。
近くのおばあちゃん曰く、この雨で急成長したのだとか。

DSC_0239 - コピー.JPG

さっそく名前をきのこちゃんに問い合わせたところ、
「ケガワタケ」らしいとのこと。

DSC_0241 - コピー.JPG

このきのこは、傘の表面に綿毛みたいな鱗片があります。
それが毛皮に似ているからつけられた名前。
裏は椎茸のようなヒダ状になってるのが特徴。
肉は薄いけど革質で引きちぎるのに力がいるらしい。

食べられるらしい。
ナイジェリアでは食用にしていて、
生えたての柔らかい若いものを肉や野菜と一緒に炒めて食べるとか。
※国立研究開発法人 森林総合研究所 九州支所情報より
posted by 理乃(ニックネーム) at 12:11| 福岡 ☁| Comment(0) | ★まほろばの花たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月13日

太宰府天満宮参道*・。*・。小田家の玄関先のすすき

太宰府には「だざいふ景観賞」というのが昨年できました。
景観まちづくりに関する取り組みの周知を目的として創設された賞です。
昨年、だざいふ景観大賞を受賞したのは甘木屋さん。
市長賞は史跡地に花を植える活動をしているゆづるはの会。
ゆづるはの会さんは太宰府の美しい景観にとって、なくてはならない存在。
そして特別賞を受賞されたのがこちらの小田家。
参道の一角に自宅の庭の花を飾り続けていらっしゃいます。
見過ごしがちですが、そのさりげなさがまた素晴らしい。

DSC_0202 - コピー.JPG

先日はすすきがあしらわれていました。
暑い毎日ですが、すすきは秋を予感させます。
※場所は参道、一つ目の鳥居の先、かすりや千織さんの右手。
posted by 理乃(ニックネーム) at 12:49| 福岡 ☔| Comment(1) | ★参道のお店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月12日

ホットな太宰府情報【太宰府天満宮参道〜九州国立博物館ミュージアムショップ参道】

太宰府天満宮参道、スタバの先に老舗「高島文房堂」という筆の専門店があるのを、
ご存知の方は多いでしょう。
学問の神様らしく、
筆の専門店があるのは最もだと思えていたのですが、
残念なことにお店を閉じてしまいました。
そしていつのまにか「九州国立博物館ミュージアムショップ参道」ができています。

DSC_0197 - コピー.JPG

かわりにできたのがミュージアムショップなのは救いですが、
それにしても残念。。。

でもミュージアムショップには埴輪のぬいぐるみとか、
土偶のレプリカとか、おもしろグッズがあるので、
見てみてくださいね。
ミュージアムショップに変わったとたん、
多くの人が訪れているのは事実です。。。
posted by 理乃(ニックネーム) at 12:39| 福岡 ☔| Comment(0) | ★参道のお店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月11日

太宰府天満宮参道*・。*・。*・。北谷之窯 錦之町店

参道の北谷之窯に寄りました。
大好きな佐々木厚さんは、いつも創造性に富んだ作品を作られるので
訪れるたびに、おや?という作品と出合えます。

人のように見える作品。

DSC_0210.JPG

強烈な赤の作品。

DSC_0215.JPG

丸みが美しい、ぐるぐるの渦巻き模様のある作品。

DSC_0212.JPG

足がある作品。

DSC_0214.JPG

DSC_0206.JPG

象の鼻あるいはしっぽの生えた作品。

DSC_0218.JPG

窯の写真は店内の窯開きの案内状から。

DSC_0220.JPG

DSC_0221.JPG

店内のロウケツ染めの暖簾は「倭(すなお)ろうけつ」伊藤倭さんの作品です。

DSC_0216.JPG

梅ケ枝餅を出していただき、まったり。。。

DSC_0230.JPG
posted by 理乃(ニックネーム) at 21:00| 福岡 ☁| Comment(0) | ★参道のお店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月10日

人と木」のレアなかき氷

この猛暑の中で仕事をするのはアブナイ。
みなさま体調を気遣いながらお過ごしください。
外で仕事をしていると汗は吹き出し、
からだに熱がこもります。
そんな夏のブレイクは、かき氷!
実は今年、初かき氷。

DSC_0190 - コピー.JPG

これは竈門神社前のアップルケーキとハンバーグが人気の「人と木」さんのもの。
氷に予めミルクが混ざってます。
削り節のように削られた氷に、さらに練乳がかかり、
ブルーベリーソースも載ってます。
添えられたフルーツはギンギンに凍っていて、
お口の中が痺れるのでご注意。
さらにさらに粉砂糖もまぶしてあって、
これは氷のケーキ!
レアで美味しいかき氷、
夏が終わる前にどうぞ。
ソースはイチゴ味もあったと思います。
posted by 理乃(ニックネーム) at 11:43| 福岡 ☁| Comment(0) | ★スイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月07日

とおのこが風土記

お友だちが「とおのこが風土記」を貸してくれました。

IMG_20150807_0001 - コピー.jpg

平成15年に通古賀区が発行したもの。

内容は

一 通古賀のむかしといま
二 通古賀の農業
三 王城神社と榎社
四 土地に刻まれた歴史と伝説
五 むかしの行事

一地区が発行した手が込んだ立派な風土記です。
さずがに古い時代のものがたくさん残っている地です。
特に興味があるのは三と四の東連寺と田中の森。
では、この冊子を参考に王城神社の由緒を記します。

「神武天皇が日向国をたち、筑紫の地の山に城を築き、
行在所(天皇の仮宮)を建て、田中熊別(くまわけ)に警護を命じた。
山の嶺に武甕槌命(たけみかづちのみこと)と事代主命(ことしろぬしのみこと)を祀り、
東夷(東国)を平定しようと祈った。
そののち天智天皇四(665)年に大野城が築かれたとき、
山上に群集が参詣のために登ってくるのを避けるため、
事代主命を国衙庄(通古賀の扇屋敷)に移した。
王城山の神なので王城大明神と崇めた。」
posted by 理乃(ニックネーム) at 15:51| 福岡 ☁| Comment(0) | ●王城神社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする