2016年03月21日

始皇帝と大兵馬俑展

17日、九博で開催中の「始皇帝と大兵馬俑」展を見てきました。
とおい、とおい時代、中国を初めて統一した秦という国。
その時代がどういう時代だったのか、とてもよく分かる展示でした。

●第一章 秦王朝の軌跡 - 周辺の小国から巨大帝国へ
黄河流域を中心に勢力を誇った西周の属国にすぎなかった秦。
その西周をお手本木にした装飾品が展示されています

●第二章 始皇帝の実像 - 発掘された帝都と陵園
始皇帝が住んでいた咸陽宮殿と、始皇帝陵から出土した下水道管など。
紀元前3世紀に下水管があったのだから、相当なハイテク都市だったのですね。

●第三章 始皇帝が夢見た「永遠の世界」 - 兵馬俑と銅車馬
ケースに収まる展示物を見たあと、
白いカーテンの向こうの第三章の部屋に入ると
度肝を抜かれるのが二つの銅車馬(レプリカ)。

28.jpg

四頭の馬が引く精緻な銅車馬は実物の二分の一のサイズで作られています。

34.jpg

とてつもなく大きな始皇帝陵。墳丘に寄り添う地下坑から出土しました。
始皇帝の霊魂を載せた車とその先導役の車ということ。
不老不死を求めてやまなかったという始皇帝は
徐福に蓬莱の国へ行って不老不死の薬を持ち帰るように命じたといいます。
日本各地に徐福伝説が残っています。
さて、銅車馬の部屋を出るとスロープが会場内に設置されていて、
斜めの道を上っていって、視界が開けたところに兵馬俑が置かれている様は圧巻。

41.jpg

一体一体の兵馬俑の完成度がすごすぎます。
(後ろにずらっと並んでいるのはレプリカ)
これだけのものを8000体も陵墓のために作ったのだから、
秦という国の強大さがいかに恐るべきものだったのかが伺えます。
リアルで精緻な彫刻。
特に将軍俑は傑出しています。

53.jpg

引き締まった精悍な顔立ちが、戦に明け暮れた厳しい時代を語ります。
圧倒的なスケールを持つ古代中国。
秦の力量ある制作者が作った兵馬俑が、今、太宰府にあります。
毎度のことですが、見なきゃもったいなさすぎです。

会場入口では原泰久氏の「キングダム」
(この時代を舞台にした漫画)新聞が置かれていました。
4面にキングダム一話をまるごと掲載。
初めて読みましたが面白かったです。
機会あればもっと読んでみたいもの。。。

※写真は九州国立博物館の提供です。
posted by 理乃(ニックネーム) at 17:07| 福岡 ☀| Comment(0) | ●九州国立博物館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月18日

ミモザと古代米入り梅ケ枝餅

民家の軒先でたわわな花を咲かせているミモザを見かけます。
これは小鳥居小路の町家の玄関に飾られていたミモザ。

DSC01089 - コピー.JPG

昨日17日は古代米入り梅ケ枝餅の販売日。
初めていただきました。
古代米入り梅ケ枝餅はふくおか食品開発支援センターと
太宰府梅ヶ枝餅協同組合が共同開発した梅ヶ枝餅。
毎月17日に一部店舗で販売されています。

DSC01101 - コピー.JPG

宮若産の黒米を入れているので、うっすらとした紫色。
抗酸化作用があるアントシアニン入りということですね。
味は若干香ばしさが増します。
販売は毎月17日のみ。
梅ケ枝餅は1個120円です。
写真は一個でも中でいただける甘木屋さんのもの。
posted by 理乃(ニックネーム) at 12:49| 福岡 ☔| Comment(0) | ★1個でも店内でいただける梅ヶ枝餅屋さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月17日

戒壇院の白木蓮

絶好の撮影日和!
戒壇院の白木蓮です。

DSC01080 - コピー.JPG

今年は花数が少くてさびしいけれど、
青い空と白い花びらの対比が素晴らしい。

DSC01069 - コピー.JPG
posted by 理乃(ニックネーム) at 18:28| 福岡 | Comment(4) | ●戒壇院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月14日

ブログタイトルを変更します。

昨年『麗し太宰府』という太宰府のガイドブックを発行しました。
引き続き、太宰府の情報を発信していく予定ですが、
本と連動させるため、
長年『理乃の太宰府便り』として親しんでいただいたブログタイトルを
『麗し太宰府』に変更させていただきたいと思います。
これからも微力ながら太宰府情報を発信していきたいと存じますので、
どうぞお立ち寄りくださいませ。
なおブログでは今まで通り、理乃のニックネームを使用させていただきます。
posted by 理乃(ニックネーム) at 12:01| 福岡 ☁| Comment(0) | NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジャン・ドゥの塩パン

明日はとあるミッションがあるので、
今日はドキドキしつつ準備に集中。。。
うまくいくといいな。。。
さて、最近どこのパン屋さんでもよく見る塩パン。
バターがたっぷり入った塩味のパン。
おいしくて好きなんですが、ここのはやっぱり絶品。

DSC_0997 - コピー.JPG

外側はカリッとしていて、中はもちもち。
表面には岩塩がまぶされています。
滲み出るバターの味と適度な塩味がなんともいえません。
塩とバターと小麦で勝負。
このシンプルさがパン好きの♡をとらえます。。。
posted by 理乃(ニックネーム) at 11:47| 福岡 ☁| Comment(0) | ★パン屋さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月13日

ル・クプルの梅型スイーツ

昨日のきゅーはく女子考古部サミットでうれしいことがたくさんありました。
これはお友達からの差し入れ。
大宰府政庁近くの「ル・クプル」さんのスイーツです。

DSC01055 - コピー.JPG

「ル・クプル」さんは太宰府をモチーフにした洋菓子を作ってます。
こちらは梅の花型のモナカにチョコクッキー生地を詰めたもの。
和と洋が融合したスイーツですね。
疲れたからだにおいしかったです。
ごちそうさま。
鞠のストラップはいただいた方の手作り。
鞠の作家さんでもあるんです。
posted by 理乃(ニックネーム) at 13:48| 福岡 ☁| Comment(0) | ★スイーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

きゅーはく女子考古部サミット無事終了

昨日、きゅーはく女子考古部サミットが無事終了しました。
わたしたちのブースでは九博の3Dプリンターで作ったミニチュアレプリカをもとに
このような鬼瓦と銅鏡の石膏を使った型取りワークショップをして、
一般の方々にも楽しんでいただきました。

DSC01054 - コピー.JPG

色も各自好きな色をつけてもらいました。
初めてするワークショップ、どうなるかドキドキでしたが、
どうにか終了。
みなさん、おそるおそる取り出した石膏の仕上がりの美しさに
満足した様子でした。
それにしても、この古代のデザインの美しさ。
そして3Dプリンターで作ったレプリカの精巧さ。
きゅーはくでしかできない体験です。
昨年7月から楽しんできた部活も今日で卒業。
考古女子認定証をいただきました。
古代好き、考古好き、古墳好きの部員たちと知りあえ、
一緒に活動できて楽しい日々でした。
みなさま、大変お世話になりました。
posted by 理乃(ニックネーム) at 13:45| 福岡 ☁| Comment(0) | ●九州国立博物館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月10日

レモングラス』さん新着バリ島買い付け商品

いつもアクティブで感心するレモングラスのオーナー、Kさん。
ちょっと寄った店頭には、またまたバリ島で買い付けてきた品々がありました。
この琺瑯のお皿。
なんともレトロでいい味出してます。

DSC_0193 - コピー.JPG
posted by 理乃(ニックネーム) at 21:35| 福岡 ☔| Comment(0) | ★雑貨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月09日

菜の花便り

太宰府、 御笠川川辺りの菜の花です。

DSC01045 - コピー.JPG

「ブランジェリー カジハラ」さんのお店の前の風景。
菜の花を見かけると、気分がほっこりしますよね。
写真右手のオモシロ建築は建築家末廣香織氏の設計。
この建物は太宰府景観賞の候補には上がったりしないのかな。
posted by 理乃(ニックネーム) at 12:45| 福岡 ☔| Comment(0) | ★日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月08日

庭に春が来た

DSC01037 - コピー.JPG
馬酔木

DSC01024 - コピー.JPG
ニオイスミレ

DSC01028 - コピー.JPG
イオノプシジウム

DSC01020 - コピー - コピー.JPG
ティタティタ
posted by 理乃(ニックネーム) at 20:10| 福岡 ☁| Comment(0) | ★まほろばの花たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月07日

大宰府政庁の前身、筑紫宮家

南区へ行ったので、近くの神社へ寄ってみることにしました。
若宮八幡宮といいます。
ただ若宮八幡宮を訪ねたつもりだったんです。

DSC00785 - コピー.JPG

ところが鳥居の向こうに
「筑紫宮家跡(つくしのみやけあと)」って説明板が立っていました。
え??
ここが?
ちょっとびっくり。
6世紀の初め、大和朝廷は北部九州の豪族、磐井(いわい)の乱を抑えました。
その後の拠点としてつくったのが宮家。
南区には三宅(みやけ)という地名が残っているので、
ここがその宮家ではないかといわれているのです。
でも、遺跡や遺物は確認できていません。
一方、博多区の比恵遺跡からは倉庫群が発見されていて、
そちらの方が宮家跡ではとする説が有力視されています。
大宰府政庁の前身の筑紫宮家はいったいどこにあったのか??
うーむ。気になります。

DSC00793 - コピー.JPG

この地は今は若宮八幡宮になっています。
本殿の梁を支えている金色のこのお方はだれなのかしら??

DSC00797 - コピー.JPG

こちらも気になります。
 ※参考/若宮八幡宮境内案内板
posted by 理乃(ニックネーム) at 21:26| 福岡 ☀| Comment(0) | ●太宰府市外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月05日

紅菜苔のシーズン

部活のついでに「ゆめ畑」に立ち寄りました。

DSC_0182.JPG

お目当てはこれ。
「紅菜苔」。

DSC_0179.JPG

やったー。まだあった。5把購入です。
posted by 理乃(ニックネーム) at 20:39| 福岡 ☁| Comment(0) | ★ゆめ畑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする