2017年03月13日

太宰府天満宮境内12の御神牛  その12 宝物殿

太宰府天満宮の境内には全部で12の御神牛があります。
11は見つけられるのですが、
12体目がなかなか見つけられないのは宝物殿の中にあるからです。
これは一番新しい御神牛。しかも白牛。

DSC_1211 - コピー.JPG

人形師の中村信喬さんが平成14年に作ったものです。
御神忌一千年大祭を記念して、
楼門前に平成6年まであり千年樟と呼ばれた
老樟の原木を使い七ヶ月で仕上げたもの。
胡粉が塗られています。
背後にあるのはマリメッコのテキスタイル。
ミーナ・アッキジルッカの「春の祭典」という作品。
平成24年12月1日から平成25年3月10日まで、
宝物殿と境内で開催された
「ふぃんらんど・ラキスタイルアート〜季節が織りなす光と影」の出品作です。
posted by 理乃(ニックネーム) at 12:59| 福岡 ☁| Comment(0) | NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

太宰府天満宮境内12の御神牛  その11 延寿王院前

シリーズ太宰府天満宮境内12の御神牛のその11です。
最も人気のある延寿王院前の御神牛。

11延寿王院前の御神牛.JPG

頭をなでている写真を撮ろうと、
ときには人が列をなして並んでいます。

この御神牛は太宰府が誇る彫刻家、冨永朝堂氏が昭和60年(1985)年に奉納したもの。
背なかのラインは宝満山の山並みのイメージが重ねられています。
posted by 理乃(ニックネーム) at 12:36| 福岡 ☁| Comment(0) | ●太宰府天満宮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする