2019年03月19日

 coba café

太宰府天満宮参道脇の「coba café」でランチしました。

20190319_123628 - コピー.jpg

人気店なので平日の今日も外で少し待ちました。
お客様はほとんど女性。
わかります。おしゃれですから。
今日はサラダプレート(1,000円)をチョイス。
野菜てんこ盛り。

20190319_130108 - コピー.jpg

ダイエットしている人も気にしなくていいです。
お肉がないと物足りないときは追加料金でオーダー可。

20190319_130118 - コピー.jpg

味付けも見栄えもよく、大満足。
デザートも頼みました(300円)。

20190319_131841 - コピー.jpg

これがピスタチオのソフトクリームで
パンプキンシードも散らしてあって美味しいこと!
太宰府にまた一つセンスいいカフェができてうれしいです。
posted by 理乃(ニックネーム) at 23:39| 福岡 ☀| Comment(0) | ★参道のグルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月04日

「天上の虹E」 里中満智子

天上の虹(6) (講談社漫画文庫)
天上の虹(6) (講談社漫画文庫)

讃良(さらら)の人生ってほんとに大変なものだったのですね・・・。
天武天皇に跡継ぎは自分だと言われた大津皇子は
天武天皇の意志を公開することを決心して、姉の大伯皇女に会いに行きます。
不安に駆られた姉は弟に歌を贈ります。

「我が背子を 大和へ遣ると さ夜ふけて 暁露に 我が立ち濡れし」

686年、ついに天武天皇崩御。享年57歳。
一人の大臣も置かず、
ただ一人の権力者として君臨した初めての天皇でした。
完全な律令制の発布、歴史書編纂、
新都建設という国家事業は推進中途。
殯の儀式で、天武天皇から跡継ぎは自分と言われたと宣言した大津は
讃良の怒りを買い、死罪となってしまいます。
讃良の息子、草壁皇子は689年、天皇を継ぐことなく、
運命と悲劇によって精神を病み、ついに亡くなってしまいます。
我が子も姉の子(大津皇子)も失ったことで讃良は女帝となるのです。
ここまでがE巻。
posted by 理乃(ニックネーム) at 23:39| 福岡 ☀| Comment(0) | ★太宰府関連本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月03日

天上の虹D里中満智子

天上の虹(5) (講談社漫画文庫)
天上の虹(5) (講談社漫画文庫)

どんどん面白くなってきます!
天武天皇の跡継ぎとして、
大津皇子か草壁皇子か周囲が噂します。
ひ弱な草壁、何事にも積極的な大津。
681年に天武天皇治世10年目に皇太子(ひつぎのみこ)となったのは
讃良(さらら)の息子、草壁皇子でした。
病に罹り、重篤化していくなかで天武天皇は大津に皇位を譲りたいと言います。
大津贔屓の友人たちはいきり立ちます・・・。
posted by 理乃(ニックネーム) at 23:33| 福岡 ☔| Comment(0) | ★太宰府関連本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月02日

「天上の虹C」 里中満智子

天上の虹(4) (講談社漫画文庫)
天上の虹(4) (講談社漫画文庫)

この巻に描かれた高市皇子(大海人皇子と宗像君尼子娘の息子)と
十市皇女(大海人皇子と額田王の娘)の実らぬ恋が悲しすぎます。
幼い頃から相思相愛だった二人。
十市皇女(とおちのひめみこ)は片思いされている
大友皇子(中大兄皇子と宅子娘の息)から求婚され、
やむなく結婚。
壬申の乱ののち、ついに高市と結ばれますが、
現政権を守るため天武天皇は二人を引き裂きます。
斎王に任命され、出立当日の朝。十市皇女は自害するのです。
高市皇子が十市皇女を思った歌が残っていて涙(T_T)・・・。
posted by 理乃(ニックネーム) at 17:18| 福岡 ☁| Comment(0) | ★太宰府関連本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月01日

天上の虹B里中満智子

天上の虹(3) (講談社漫画文庫)
天上の虹(3) (講談社漫画文庫)


3巻では壬申の乱が勃発します。
どこまでも大海人皇子について行くと言う讃良。
そしてもしも大海人皇子が戦いに倒れたら・・・。
一緒に死ぬとは言わず、代わりに志を実現するために生きると言います。
ここが讃良の強さ。
どんどん計画を進める大海人皇子。
一方、亡くなった中大兄皇子の跡を継いだ大友皇子の腰は重い。
ここで筑紫が再び登場。
栗隈王が大友皇子側から出兵を迫られますが、
筑紫の兵は唐に対するものと拒否。
ついに大友皇子は自死します。
posted by 理乃(ニックネーム) at 16:34| 福岡 ☀| Comment(0) | ★太宰府関連本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする