2019年05月27日

「蛇衆」矢野隆

蛇衆 (集英社文庫)
蛇衆 (集英社文庫)

あることで太宰府関連本なので読んでみた。
室町末期、領主がたちが争う戦乱の時代。
どこにも所属せず、
傭兵として雇われるまま戦乱で格闘する6人の集団「蛇衆」がいた。
宗衛門老人が手引きし、各地を渡りあるいていたが、
九州の鷲尾嶬嶄に雇われることになる。
その戦いぶりはすさまじく、それぞれ得意の武器を手に
人をまっぷたつに切ったり、血だらけの殺戮を繰り返す。
頭目の朽縄にはある出生の秘密があり、
一人、仲間を抜け武士となる道を選ぶ。
それが蛇衆壊滅の序章だった・・・。
スピード感のある展開、不条理な世界で生きる異端児たち。
主人公と思しき人物が途中で死ぬという意外なストーリー。
ゲーム世代の新たな歴史小説。
ラベル:蛇衆 矢野隆
posted by 理乃(ニックネーム) at 23:12| 福岡 ☔| Comment(0) | ★太宰府関連本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月21日

「言霊 大伴家持伝」篠崎 紘一

言霊 大伴家持伝 (角川書店単行本)
言霊 大伴家持伝 (角川書店単行本)

ブーム到来の万葉集。
1200年もあとに、注目されているこの日々を家持はどう思うだろう。
政治に翻弄され、何度も謀反の罪を着せられながら、
家持は万葉集編集に苦心し、国書と認めさせることに尽力した。
その苦労が描かれた小説。
残念ながら少年期を過ごし、
梅花の宴をそばで見ていただろう大宰府での日々は描かれていない。
posted by 理乃(ニックネーム) at 11:18| 福岡 ☁| Comment(0) | ★太宰府関連本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月16日

歩かんね太宰府:大松ぼっくり苔玉作り体験と太宰府風かしわ飯

昨日は8年か9年ぶり?に「歩かんね太宰府」の
「大松ぼっくり苔玉作り体験と太宰府風かしわ飯」に参加させていただきました。
会場は都府楼焼窯元です。

20190515_093221 - コピー.jpg

苔玉の講師はミニ盆栽と山野草の会の方。

20190515_094146 - コピー.jpg

松ぼっくり苔玉の作り方は、
まず松ぼっくりに土をつめていきます。
その後、ピンセットを使って苗を植えていきます。
苗はコウヤマキ、ハマボウ、マンネングサ、イワツメレンゲ。
最後に全体に苔を巻き付けて完成。
苗のバランスも難しいし、
松ぼっくりの土台に思うような位置に収まらないし、
なかなか難しいものです。

20190516_110929 (1) - コピー.jpg
完成

お食事は心づくしのもので大感激!

20190515_114326 - コピー.jpg

コシアブラと雪の下の天ぷらも季節感あふれうれしいものでした。

20190515_114347 - コピー.jpg

手の込んだ鮭のテリーヌもごま豆腐も絶品。

20190515_115729 - コピー.jpg

20190515_121209 - コピー.jpg

デザートにお抹茶と松ぼっくりの金平糖まで。

20190515_124942 - コピー.jpg

心のこもった「歩かんね」自慢のイベントの一つです。
お世話になりました!
posted by 理乃(ニックネーム) at 12:50| 福岡 ☁| Comment(0) | ★日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月07日

「巨海に出んと欲す」金重明

巨海に出んと欲す
巨海に出んと欲す


純友物三作目は金重明(キムチュンミョン)の「巨海に出んと欲す」。
貴族が私利私欲に走り、下々を圧迫していた10世紀。
自由な海の民の世界を夢見る純友は海賊たちを先導し、
遊女や傀儡(くぐつ)、青い瞳の外国人などを東国に放ち、
平将門が乱を起こすように図ります。
うまくいくように見えた作戦は将門と純友のあっけない死により幕をおろします。
美しい海賊の女頭と青い瞳の男の実らぬ恋。
異国との貿易の富を独り占めしていた大宰府を焼き尽くした炎。
巨海に自由に出ようとした純友の熱い思い。
権力に立ち向かうその姿はかっこいい。
posted by 理乃(ニックネーム) at 12:09| 福岡 ☀| Comment(0) | ★太宰府関連本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「海と風と虹と」海音寺潮五郎

海音寺潮五郎全集〈第3巻〉海と風と虹と (1971年)
海音寺潮五郎全集〈第3巻〉海と風と虹と (1971年)

現在、政庁跡で見られる礎石は第V期のもの。
第U期の政庁は天慶4年(941年)の伊予の海賊、藤原純友により焼き討ちに遭い
焼土と化しました。
悪者とされた純友は腐敗した貴族政治に反旗を翻したヒーローだという小説
「絶海にあらず」(北方謙三)を以前読みましたが、
純友は魅力のある人物らしく、他にも小説があります。
その一冊がこの海音寺潮五郎の「海と風と虹と」。
二段組の大著で読破にかなり手こずりました。
傀儡の描写が素晴らしかったです。
1976年にはNHK大河ドラマにもなっています。
ラベル:純友 藤原純友
posted by 理乃(ニックネーム) at 00:44| 福岡 ☀| Comment(0) | ★太宰府関連本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする