2019年10月04日

「大伴家持 波乱にみちた万葉歌人の生涯」藤井一二

大伴家持 - 波乱にみちた万葉歌人の生涯 (中公新書)
大伴家持 - 波乱にみちた万葉歌人の生涯 (中公新書)

大伴旅人の息子で「万葉集」を編纂したとされる家持。
名門の家に生まれながら、父を早く失い、政争渦巻くなかで、家を守りました。
北から南まで、官人として赴任して出向き、
美しい風景を歌に詠みました。
時代に翻弄されながらも編んでいった万葉集。
それは周りの貴族の歌のみならず、
名もなき人々の歌も含めた壮大な歌集となりました。

posted by 理乃(ニックネーム) at 23:34| 福岡 ☀| Comment(0) | ★太宰府関連本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする