2020年01月13日

九州ヴォイス

賑やかさが増す小鳥居小路に
昨年11月27日にオープンした「九州ヴォイス」。

20200111_101857 - コピー.jpg

デザイン性が高い九州各地の商品(食品・キッチン雑貨・ステーショナリー)のアンテナショップです。

20200111_132438 - コピー.jpg

運営は福岡の建築家やデザイナーたちで構成された
「福岡デザインアクション」。
昨年までリバレインで「九州マルシェ」というショップをやっていました。
以前は町の電気屋さんだった古民家をリフォームしていて、
2階に上がるとその名残が見られます。
ラベル:九州ヴォイス
posted by 理乃(ニックネーム) at 13:03| 福岡 ☀| Comment(0) | ★参道のお店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月12日

創菜工房

「創菜工房」は太宰府天満宮参道そばの民家を利用したレストランです。

20200111_125751 - コピー.jpg

普通のおうちを訪ねるよう。
参道の喧騒から離れて静かに食事ができます。
訪れた日のランチのメインはミラノ風カツレツ。

20200111_121914 - コピー.jpg

スープも野菜たっぷりで美味しかったです。

20200111_121229 - コピー.jpg
posted by 理乃(ニックネーム) at 00:04| 福岡 ☀| Comment(0) | ★参道のグルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月08日

鬼すべ

鬼すべは1月7日の夜、
災難消除や開運招福を願って太宰府天満宮東神苑の鬼すべ堂で行われる勇壮な火祭りです。

20200107_210216 - コピー.jpg

寛和2年(986)、道真公の曾孫、大宰大弐 菅原輔正が始めたと伝えられています。
氏子約300人が鬼を退治する「燻手(すべて)」と
鬼を守る「鬼警固」、「
鬼係」に分かれて炎の攻防戦を繰り広げます。
21時、鬼すべ堂前に藁と松葉が積まれ、
御本殿でおこされた御神火で火がつけられると、
一瞬で大きな炎が上がり、冬空に熱気を送ります。

20200107_211943 - コピー.jpg

すると燻手が大団扇で煙を鬼すべ堂へ送り込み、
鬼すべ堂の中の鬼を追い出そうとします。
中にいる鬼警固は板壁を打ち破り、煙を外に出して鬼を守ります。
板壁が破られると荒縄で縛られた鬼は
鬼係に囲まれて堂内を七回半、堂外を三回半回りますす。
堂内では神職が、堂外では氏子会長が鬼に煎り豆を投げ鬼を退治し神事終わります。

20200107_210814 - コピー.jpg

近くで見ると、氏子たちの熱気が伝わり、
立ち上った炎が熱く感じられ、
火の粉も煤も降り注ぎます。
神事だからこそ味わえる炎の饗宴。
火という厳かなものを体験するまたとない機会です。
posted by 理乃(ニックネーム) at 12:21| 福岡 ☔| Comment(0) | ●太宰府天満宮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月06日

「死者の書」折口信夫

死者の書 (角川ソフィア文庫)
死者の書 (角川ソフィア文庫)

年末年始で読んだ「死者の書」。
「かぞくわり」という「死者の書」をヒントにした中将の姫の生まれ変わりが主人公の映画を見たとき、
「した した した」という大津皇子が葬られた石室の壁にしたたる水音のオノマトペが心に染み、
未読だった「死者の書」をぜひとも読まねばと思ったのでした。
この言語感覚はまさしく詩人のもの。
「死者の書」は詩人にしか書けない小説だと思いました。
不思議で妖しく、美しすぎるイメージに満ちた、
人が人を恋うる物語。
そこに大伴家持が登場してきたのは予期せぬことでした。
強烈な読書体験をもたらした一冊。
posted by 理乃(ニックネーム) at 23:29| 福岡 ☔| Comment(0) | ★太宰府関連本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする