2009年06月05日

石穴神社 その5 ついに石穴と遭遇!

石穴神社というからには石穴があるに違いないとにらんでいたわたし。
今回はついに石穴と遭遇します!

ishiana15.jpg

社殿右脇の階段を進みましょう。
実はそう遠くないところに石穴はあるのです。

ishiana14_1.jpg

見えてきました。

ishiana2.jpg

中央が石穴です!
前回のほのぼの系狛狐はここにいます。
ここからは奥の院といわれるところです。

ishiana3_1.jpg

奥の院の入り口にある石の祠は桃若稲荷。
大根地山の大根地神社の遥拝所だということ。

ishiana5.jpg

大きな自然石(花崗斑岩)が重なっています。

ishiana6.jpg

「是より下足をおぬぎください」と彫られた石柱が建っています。
なので、ここから先へは立ち入っていません。

ishiana7_1.jpg

訪れたあと、石穴はこれでおしまいと思ってました。
でも実は!
調べてみて分かったのですが、
本当の石穴はこの奥にあったのです。
先の石柱があった石から、次々に石をたどっていくと
本当の奥の院があります。
奥の院全体は磐座(いわくら)。
磐座とは神が降り立つ場所としての石。
そして穴は威部(いぶ)(=神と交流する場所)ということです。

そこに立ち入ることはやめておきましょう。
そこは今でも信仰の場ですから。

そもそも石穴とは何なのでしょう?
奥の院の信仰は道真公の時代以前からあったものと思われます。
自然にできたこの石の重なりを見て、
古代の人々は自然を恐れ、敬ったのでしょう。

おそらく時代を経て、石穴神社は稲荷神社となりました。
菅原道真公が左遷された折に京都の伏見からついてきた神様という
言い伝えもあるようです。

次回は再び社殿の位置に戻ってレポートします。




posted by 理乃(ニックネーム) at 01:38| 福岡 ☁| Comment(4) | ●石穴神社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ひゃあ、色んな意味で奧が深いっ!!
自然を畏怖し、敬い、祀る…
それが古来日本人のSoulだと思うので、
そんなふうな神社が好きです(^_^)
Posted by F at 2009年06月05日 09:27
Fさま

そうなんです。
石穴の名に惹かれて軽い気持ちで訪れてみたものの、
奥が深かった!
それでこのシリーズは長くなっております。
古来日本人のSoul、またいいフレーズですねぇ(^_^)
このシリーズ、もう少し続きます。
Posted by 理乃 at 2009年06月05日 09:36
理乃さ〜ん、
変わった狛犬の写真が載っているブログを見つけました
「F」にリンクを貼っています
最後の最後の写真です
Posted by F at 2009年06月05日 17:13
Fさ〜ん、
ありがとー。
面白い狛犬ですねぇ!
そして狛鳥居!
わたしもぜひくぐってみたいです。
行ったらくぐります(^。^)
Posted by 理乃 at 2009年06月05日 18:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。