2009年06月22日

万葉歌碑 その2 坂本八幡宮の大伴旅人

tabito1.jpg

tabito2_3.jpg
(※クリックすると大きくなります)

わが岡(おか)に さ男鹿(おしか)来(き)鳴く
初萩の 花嬬(つま)問ひに 来鳴くさ男鹿

大伴旅人


私の住む岡に牡鹿が来て鳴いている。
今年初めての萩の花が咲き、
牡鹿がやってきて妻問いをしていることよ

坂本八幡宮のあたりは
大宰帥(だざいそち)としてやってきた大伴旅人の
屋敷跡と伝えられています。
旅人邸は万葉集の華、梅香の宴が開かれた場所です。

旅人は大宰府に赴任してすぐに妻を亡くしています。

萩の花が咲く大宰府の岡、
牡鹿が雌鹿を求めて鳴いています。
その声に亡き妻を思う気持ちを重ねる旅人です。

旅人のように亡き人を思うとき、
そして恋人を慕うとき、
この歌はあなたのそばに近づいてくるのではないでしょうか?

坂本八幡宮にお立ち寄りの際は
この歌碑にも目をとめてください。





かわいいPR・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
お花を飾りましょう






posted by 理乃(ニックネーム) at 22:56| 福岡 ☔| Comment(0) | ★万葉歌碑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: