2011年07月04日

坂本八幡宮近くの合歓木(ネムノキ)

合歓木の花が咲いているころと思い、
坂本八幡宮のあたりに行ってみました。

20110704合歓の木1_1_1.jpg

雨に濡れた合歓木。
ちょっと出遅れたかしら。。。

20110704合歓の木2_1_1.jpg

あわいピンクのおしべ。。。
夜になると、おやすみなさいをする葉っぱ。。。

20110704合歓の木3_1.jpg



posted by 理乃(ニックネーム) at 21:01| 福岡 ☔| Comment(6) | ★恋する樹木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
合歓木の花、あちらこちらで見かけますね。
都府楼跡にも、数日前咲いていました。
以前行った吉野ヶ里公園。みごとな木がありましたから、今きっと咲いている
ことでしょうね。
「あわいピンクのおしべ。。。夜になると、おやすみなさいをする葉っぱ。。。」
理乃さんに、なにか語りかけているのではないでしょうか‥‥。

Posted by ari at 2011年07月04日 22:43
>ariさま

わたしが合歓木をはじめてみたのは
子どものころ、
三瀬峠ででした。
Posted by 理乃 at 2011年07月04日 22:51
 坂本八幡宮の脇の細道ですね。
 ここも、私は未踏の道でした。
 いろいろ、隅々まで?踏破されていますね。
すごい探究心ですね。
 今日、「国宝展示」の九博拝観のついでに、七夕飾りを見ようと天満宮を覗いてみました。
 おみくじが水色に変わっていました。
 前回の訪問時6月はハナショウブ若しくは紫陽花の薄紫、前々回5月は新緑を彷彿する黄緑だったような・・・。
季節に合わせ色が変化するのは知っていましたが、こんな頻繁だったとは驚き・・・。
水色は何?夏空?
変わるきっかけは何?夏至?月代わり?
おみくじの色の変化を特に意識したのは今年になってからだから・・・???
今度、巫女さんにでも聞いてみようかな?
Posted by はなちゃん at 2011年07月05日 18:35
>はなちゃんさま

わたしは太宰府に実家があり、
今、その実家で暮らしていることから、
太宰府市がまだ市でないころから歩いています。
九博の新しい展示をもう見られたんですね。
わたしはまだ。
おみくじ、水色なんですね。
水、そのもののイメージなのかな?
わたしもおみくじの色については誰にも聞いたことがないので、
知りたいです(⌒-⌒)
Posted by 理乃 at 2011年07月05日 20:35
終盤になり入場者が多くなると、自分のペースで観て回ることが難しくなるので、夏休み前の平日に時間を作り、行ってきました。
でも平日の午後にもかかわらず、結構入っていたように感じました。
 未来にお宝・様々な技術を引き継ぐことの難しさ、それらに関わる方々・多くの先人たちの崇高な心にただただ感服、感謝。
 「歴史のまち・太宰府」を未来に伝えるために、私は何をしたらいいのだろう。
私でも何か出来るのだろうか。
Posted by はなちゃん at 2011年07月05日 22:02
>はなちゃんさま

わたしは、とりあえず自分が太宰府について知ることからはじめてます。。。
そして、同じ気持ちの人とかかわることかな。。。
Posted by 理乃 at 2011年07月05日 23:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: