2013年07月01日

落合公園のシマトネリコ

C'est Fraxinus griffithii C.B.Clarke.
C'est l'arbre maintenant en fleur.

樹木というのは花が咲いて初めてその存在をアピールするものも多い。

このシマトネリコもそう。
花が咲くまでは気にも留めなかった。

庭木にも流行りがある。
このシマトネリコは今、新築の住宅で人気があるようだ。
あちこちで見かけるようになった。

シマトネリコ_1.jpg

シマトネリコ2_1.jpg

もともとは亜熱帯の植物。
成長すると10メートルを越えるらしい。

シマトネリコ3_1.jpg
posted by 理乃(ニックネーム) at 21:01| 福岡 ☁| Comment(2) | ★恋する樹木 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
太宰府は亜熱帯の樹木が開花できる環境下に
なっているということですね。
もちろん樹木側も環境に馴化し変化しているのでしょうが・・・・。
Posted by はなちゃん at 2013年07月04日 12:25
>はなちゃんさま

こんにちは。
冬の寒さを乗り切るのはつらいのでしょうけど、
亜熱帯の植物もけっこう生きていますね。
Posted by 理乃 at 2013年07月04日 17:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: