2014年05月05日

契を結んだ男を追って太宰府へ。。。

連休の太宰府、混んでます。。。
人で溢れる天満宮参道ですが、
人混みを避けたければ参道に並行した国博通りを歩いてみてはいかがでしょう?

20140504国博通り_1.jpg

ほら、ほとんど歩く人もいません。
※この「スピード注意」の表記は景観をだいなしにしてます。。。

20140504国博通り2_1.jpg

さて、このまま光明禅寺に向かって歩いて行くと。。。

20140504国博通り3_1.jpg

こんなところが出てきます。
ここでちょっと足を止めましょう。

この川は藍染川。
かつてはもっと大きな川で藍染めをしていたのでしょうか。。。

20140504国博通り5_1.jpg

大事に碑が囲われています。

これは梅壺侍従の蘇生碑です。

蘇生?
梅壺侍従は天皇のそば近くに仕えていた女官です。
梅壺侍従は都から離れた太宰府の、この藍染川に身投げをして死んでしまったのです。
どうして?

平安時代のこと、
太宰府天満宮の神職、中務頼澄(なかつかさよりずみ)は京の都に上ります。
そして妻がいる身でありながら梅壺侍従と恋仲になり、
梅千代という男の子が生まれます。
でも頼澄は太宰府に戻ります。
梅壺は大きくなった梅千代を父に会わせたいと太宰府に下ります。
それを知った頼澄の妻は梅壺親子に偽手紙を書き追い返します。
頼澄が心変わりをしたと思い込んだ梅壺は悲嘆して身投げをしたのです。
それを知った頼澄は梅壺を生き返らせたいと天神様に祈ります。
そして梅壺は生き返ったというのです。

さて、このあと二人はどうなったのでしょうか?
梅千代という男の子はどうなったのでしょうか?
その行方が気にかかります。。。

※参考/藍染川と梅壺侍従蘇生碑説明書き
※藍染川は「伊勢物語」などで詠まれ、謡曲「藍染川」の舞台となっています。
posted by 理乃(ニックネーム) at 14:48| 福岡 ☁| Comment(3) | ●藍染川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
理乃 様
はじめまして、shiba(kndo4832)です。
先日「麗しの太宰府」読ませていただきました。
恐れ入りますが、ネット上で、
藍染川 大畑恵三 夏の讃歌 
お読み頂きますと、嬉しく存じます。失礼します。
Posted by kndo4832 at 2017年09月12日 10:53
shiba様
はじめまして。
『麗し太宰府』を読んでいただきまして、
ありがとうございます。
一丸章先生はわたしも師事していた時期がありましたが、
藍染川の作詞をされていたとは知りませんでした。
情報ありがとうございます。
藍染川の物語に興味を持っていましたので、
参考になりました。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
Posted by 理乃 at 2017年09月20日 12:03
理乃 様
shiba(kndo4832)です。
お読み頂きましてありがとうございます。
「一丸章全詩集」には、一丸章の母親は、
大宰府の老舗・糸問屋「亀屋」の娘とあります。
どんな気持ちで「藍染川」作詞したのでしょうか?
『麗し太宰府』には、きくち亭も紹介頂きまして
ありがとうございます。菊池さん、私の知人の
両親です。
Posted by shiba(kndo4832) at 2017年09月20日 22:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: