2014年05月11日

樟も花盛り。。。

通古賀(とおのこが)の王城神社(おうぎじんじゃ)。
ここは住宅街のただ中にあり、
とても分かりにくいところにありますので
行かれるなら徒歩でどうぞ。

20140511王城神社_1.jpg

祀られているのは大国主命(おおくにぬしのみこと)の子で、
えびす様として親しまれている事代主命(ことしろぬしのみこと)。

20140511王城神社2_1.jpg

この神社も古く、その起こりは665年、都府楼が建てられたときにさかのぼります。
それ以前は事代主命は武甕槌命(たけみかづちのみこと)と一緒に四王寺山に祀られていました。
都府楼が建てられたときに四王寺山から移されました。
四王寺山にあったときは王城山(四王寺山)の神、王城大明神と崇められていたそうです。
ですから665年より古い歴史があるのですね。

都府楼建設以前の王城山。。。
そこはいったいどんな世界だったのだろう。。。
四王寺山のどのあたりにお社はあったのかな?
王城山って、都府楼以前、中央から役人がやってきて都府楼を建設する以前には
この地域の王みたいな人がいて
その王の城があったから王城山なの?
って、古代ミステリーにわくわくする。。。

さて、通古賀に移った王城神社は都府楼南館(榎社)に謫居していた菅原道真公も参詣したそうです。

九州で最も古いえびす様のこの神社。
今では知る人も少なく住宅街の中にぽつんとあります。
もしも榎社を訪ねたら、線路を越して、
今少し歩けば出会えるでしょう。

さあ、巨木フェチのわたしは
また大きな樟の下で憩います。

20140511王城神社4_1.jpg

樟の下にえびすさまの碑があります。

20140511王城神社3_1.jpg

樟は地味ですけど、今、花盛り。
まるで入道雲のように湧いたかのように
若葉がこんもりと繁っています。

20140511王城神社5_1.jpg

20140510王城神社_1_1.jpg

おーい、樟よぉー。
周りはどんどんかわっちゃっても
おまえはひたすらに天を目指し、
地には緑を与えて、悠々としているねー。
【関連する記事】
posted by 理乃(ニックネーム) at 16:59| 福岡 | Comment(0) | ●王城神社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: