2014年11月20日

2014霜月太宰府ガイド B 1200年前から燃える火「蓮華のともし火」

1200年も前から燃え続けている火が太宰府にあります。
この週末、竈門神社の紅葉を見に行かれる方も多いでしょう。
そう、竈門神社の近くに妙香庵というお寺があり、
そこには巨大な最澄の像が海を見据えて立っています。

千年の灯火2_1_1.jpg

その像の下の両脇で燃えている火がそれ。

比叡山を開いた最澄は遣唐使として唐に渡る前、
竈門神社の下にある竈門山寺で航海の安全を祈りました。
最澄と太宰府にはそういうゆかりがあります。

中国に渡り帰国した最澄は
今の新宮町にある横大路家に火を授けます。
その火は横大路家で守り続けてこられたのですが、
2011年に妙香案に移されました。

これが1200年、燃えつづけているともし火です・

千年の灯火_1.jpg

※2015年9月2日追記
本日、建物の中の蓮華のともし火の元火を見せていただきました。

DSC09020 - コピー.JPG
posted by 理乃(ニックネーム) at 13:41| 福岡 ☀| Comment(0) | ●妙香庵 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: