2015年06月25日

太宰府天満宮境内12の御神牛 その9 楼門前右手

太宰府天満宮境内12の御神牛のその9は
有名な御神牛で、みんな知っていますね。
ブロンズも艶々して、愛され御神牛。
わたしもよく触ってきました。

9楼門右手前 - コピー.JPG

この御神牛は文化2年(1805)乙丑の年に奉納されたもの。
奉納者:博多連中 世話人 西嶋半七祐寛
画工:眠蝶斎耕景守章(みんちょうさいこうけいもりあき)
鋳工:山鹿偽平藤原包賢(かねたか)
デザインをした眠蝶斎耕景守章。
眠蝶斎ってなかなか洒落たお名前です。
200年も残っている御神牛アート。
今のパブリックアートは200年持つのでしょうか??
posted by 理乃(ニックネーム) at 12:40| 福岡 🌁| Comment(0) | ●太宰府天満宮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: