2016年04月25日

「太宰府門前真舞踊祭」&つつじ

昨日は太宰府天満宮で「太宰府門前真舞踊祭」がありました。
最後に出演したホストの「太宰府まほろば衆」だけ見る機会がありました。
演目は新作「梅王」。

DSC_1729.JPG

「太宰府まほろば衆」はいわゆる「YOSAKOI」チームなのですが、
独特の雰囲気を持っています。
衣装の完成度が高いし、顔をマスクで隠すなど、ダークな持ち味が特徴。
この独自な路線は代表の手によるもの。
代表はグラフィックデザイナー。
演目の構想、構成、音楽、振付、衣装デザインを担当。
演目は太宰府をテーマにしていますが、
今回のテーマは歌舞伎の『菅原伝授手習鑑』。

さて、天満宮は今、つつじが見事です。
一番大きなつつじはこの文書館近くのつつじだと思いますが、
他にもまだ大きなつつじがあるかもしれません。

DSC_1740.JPG

入念な手入れをされているからこそのこの見事な花付きです。
posted by 理乃(ニックネーム) at 21:26| 福岡 ☁| Comment(0) | ●太宰府天満宮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: