2016年12月18日

中村徳山の碑

中村徳山は江戸時代に五条横町に生まれた漢学者。
幕末、自宅に近隣の子弟を集め、
手習い、論語などの漢学や詩作を教える
都成(とせい)塾を始めました。
同じ横町生まれの井上哲次郎も9歳から13歳まで
都成塾で学びました。
井上哲次郎はドイツに3年間留学し、
帰国後、東京帝国大学哲学科初の日本人教授となっています。

中村徳山碑 - コピー.JPG
posted by 理乃(ニックネーム) at 23:53| 福岡 ☁| Comment(0) | ●太宰府市内そのほか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: