2016年12月23日

井上哲次郎生誕碑

安政2年(1855)に横町(現五条)で生まれた井上哲次郎。
9歳から13歳までは同じ町内の中村徳山の都成塾で学びました。
明治維新後は博多や長崎で英語を学び、
東大に入学し、フェノロサの元で哲学を修めました。
明治15年には東京大学助教授に就任、その後ドイツに入学。
帰国後は帝国大学で日本人で初めて哲学の教授となりました。
東洋の研究と西洋哲学の紹介、
国民道徳や国民教育の普及に尽くしたということです。
この生誕の碑は西正寺の近くにあります。

井上哲次郎生誕碑 - コピー.JPG
posted by 理乃(ニックネーム) at 00:59| 福岡 ☁| Comment(0) | ●太宰府市内そのほか | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: