2017年02月13日

メモリアルパーク太宰府悠久の丘の万葉歌碑A 山上憶良「大野山〜」

太宰府市民遺産第12号の「太宰府悠久の丘―メモリアルパークからの眺望―」。
ここに建てられている万葉歌碑を紹介しています。

「大野山 霧立ち渡る 我が嘆く 息嘯の風に 霧立ちわたる」
万葉集巻五・七九九 山上憶良

メモリアルパーク太宰府悠久の丘の万葉歌碑2憶良大野山霧立ちわたる - コピー.JPG

大野山に霧が立ち渡っている。
私の嘆きの吐息の風で
霧が立ち渡っている。

同じ句が国分の天満神社にもあります。
雨が降ると霧が立ち込める四王寺山。
その景観は万葉の時代から変わることはないのでしょう。
posted by 理乃(ニックネーム) at 00:55| 福岡 ☀| Comment(0) | ★万葉歌碑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: