2017年02月21日

メモリアルパーク太宰府悠久の丘の万葉歌碑 F山上憶良 日本挽歌(長歌)

メモリアルパーク太宰府悠久の丘に設置されている万葉歌碑を紹介してきましたが、
ここにあるのは旅人の「世の中は 空しきもと 知る時し いよよますます 悲しかりけり」の他は
憶良のこの長歌とそれに添えられた反歌5首です。

DSC_1635 - コピー - コピー.JPG

最後にご紹介するのがこの長歌。

「大君(おおきみ)の 遠の朝廷(みかど)と しらぬひ  筑紫(つくし)の国に 泣く子なす 慕ひ来まして 息をだに いまだ休めず 年月(としつき)も いまだあらねば 心ゆも 思はぬ間(あいだ)に うちなびき 臥(こや)やしぬれ 言はむ術(すべ) せむ術(すべ)知らに 石木(いわき)をも 問ひ放(さ)け知らず 家ならば かたちはあらむを 恨しき 妹(いも)の命(みこと)の 我(あれ)をばも いかにせよとか にほ鳥(どり)の 二人並び居(い) 語らひし 心そむきて 家離(さか)りいます」

万葉集巻五・七九四 山上憶良

旅人の妻、大伴女郎(おおとものいらつめ)の死に対して憶良が贈った歌。
大伴郎女は大宰師として筑紫に赴任した旅人と一緒に大宰府に来たものの、
間もなく病で亡くなります。
藤原家にとって邪魔な旅人は左遷されたともいわれています。
にほ鳥(鳰鳥)はカイツブリのこと。

(大君の遠い朝廷、筑紫の国に、
妻は泣く子のようにわたしを慕ってきた。
息も休める間もなく、年月も経っていないので、
心通わす時間もないうちに横になり、臥してしまった。
何か言うすべもなく、何かするすべもなく、
石や木に尋ねても分からない。
都の家にいたなら生きていただろうに恨めしい。
妻の命ををどうすればよかったのか。
カイツブリが仲良く並んでいるように語り合ったのに、
その心に背いて家を離れて逝ってしまった。)
posted by 理乃(ニックネーム) at 15:10| 福岡 ☁| Comment(0) | ★万葉歌碑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: