2017年03月27日

『眩人』 松本清張

太宰府関連本。

眩人 (中公文庫) -
眩人 (中公文庫) -

太宰府を訪れた人物の中でも、その華麗な経歴と不可思議な死で興味深い玄ム。
その物語に興味があって読んでみた。

500ページを超える大作の第一部は長安の都での玄ムの物語。
真面目な僧と思っていた玄ム像はここで壊される。
玄宗皇帝から紫の袈裟を着る許しを得たということも、
師について仏教を学んだことも、
そういうことにしておこうという玄ムの空言となっていて驚く。
身をもちくずした留学僧と懇意になり、
ゾロアスター教の寺院の儀式に参加した玄ムは妖しい幻覚を見て以来、
使われた秘薬を手に入れようと奔走する。
帰国の船は4艘のうち無事に帰還できたのは1艘のみ。
しかも種子島に漂着した。
平城京へ向かう途中、大宰府に立ち寄り、建築中の観世音寺を見る。
第二部は玄ムが長安から連れてきた雑技に長けた若きペルシャ人
李密翳が玄ムを語るという体裁になっている。
平城京での玄ムは朝廷に取り入り、
長い間病で閉じこもっていた聖武天皇の母宮子を李密翳が処方する秘薬で完治させ、
その後、宮子、皇后光明子、皇太子(娘)にも寵愛を受ける。
そのすべてと関係があるという噂を立てられつつ。
則天武后に傾倒していた玄ムは彼女が諸国に寺院を建設したように、
大仏と国分寺、国分尼寺の建設を光明子に進言する。
栄華を誇っていた玄ムにもやがて影が差す。
台頭してきた藤原仲麻呂により造観世音寺別当に左遷させられると、
怪死を遂げることになる。
玄ムの死は藤原広嗣の残党の仕業と言われていた説を
清張は藤原仲麻呂の陰謀だとする。
仏教に影響をもたらしたゾロアスターという宗教が謎めく。
火を崇めたゾロアスター教。
光明子の名も国分寺の正式名称、金光明四天王護国之寺も火に関係している。
玄ムの死後、二回目の遣唐使となる真備もまた筑紫に左遷されるなど、
この時代の権力闘争は熾烈なもの。
知れば知るほど歴史は面白い。

※表紙、挿絵は平山郁夫
posted by 理乃(ニックネーム) at 01:54| 福岡 ☁| Comment(0) | ★太宰府関連本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: