2017年04月28日

『時間の習俗』松本清張

殺人の舞台が水城ということで読んでみた。

冒頭は和布刈神事で始まる。
寒さ厳しい二月の海辺、真夜中から始まるこの神事は行くのが難しい。
その前日、相模湖湖畔のホテルに若い女と
交通関係業界紙の編集人土肥武夫のカップルが現れ、
土肥が死体で発見され女は消える。

捜査を担当するのは三原警部補。
有名な『点と線』のあの三原警部補だ。
時代設定は『点と線』から4年後。

三原は土肥の関係者をあたるうちに
タクシー会社の専務峰岡周一に目星をつける。
アリバイは殺人事件があった時刻、
和布刈神事を見ていたということだった。
そうこうしているうちに第二の殺人事件が水城で起こる。
今度は若い男だ。

水城のほかに都府楼跡も俳句趣味のある峰岡が
福岡出張のついでに立ち寄ったということで登場する。

小説が書かれた昭和30年代、周りは田んぼだらけで
農家がちらほらとあるだけというので、
住宅地に様変わりした現在とはずいぶん違う。

三原が峰岡の巧妙なアリバイを少しずつ切り崩していく様子に引きつけられる。
暗さの漂う松本清張のストーリー作りはやはり素晴らしい。

時間の習俗 (新潮文庫) -
時間の習俗 (新潮文庫) -
posted by 理乃(ニックネーム) at 14:54| 福岡 ☀| Comment(0) | ★太宰府関連本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: