2017年07月03日

国分ぷちガイドE毘沙門堂

今回の国分案内の最後です。
毘沙門堂は去年12月に全焼しました。

DSC06247 - コピー.JPG

これが以前の毘沙門堂です。

中はこうでした。

DSC06248 - コピー.JPG

毘沙門天が祀られていました。

DSC06251 - コピー.JPG

ところが昨年12月、全焼しました。

DSC0330220-20E382B3E38394E383BC - コピー.JPG

けれど翌年2カ月立たないうちに再建されました。

16195562_1169794013138643_1117015063419492881_n - コピー.jpg

しかも中はグレードアプ。
床には石が貼られています。

DSC_3036 - コピー.JPG

毘沙門天像は火災でひび割れ、修復に出されていました。
そして今回初めて戻ってきたお姿を拝見。

絶句!

DSC_3034 - コピー.JPG

痛々しいお姿。
人間でもそうですが、火傷の跡は消えるものではありません。
ひび割れの跡も多数。
以前のお顔と比較すると、
どうもこわばっているように見えて仕方がありませんでした。
ラベル:国分寺 毘沙門堂
posted by 理乃(ニックネーム) at 13:46| 福岡 ☀| Comment(0) | ●国分寺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: