2017年07月13日

太宰府市図書館へ寄贈:「遙かなる漂流」

1997年の出版ですが、太宰府にとても関わりの深い
豊福知徳氏の人と作品についての本「遙かなる漂流」を
太宰府市民図書館に寄贈しました。

img245 - コピー.jpg

福岡で1カ月、ミラノで2週間取材して書いたものです。
豊福知徳さんは世界的な彫刻家ですが、
戦後すぐ、冨永朝堂先生に師事し、その時代は戒壇院に居候していました。
そのころの観世音寺金堂の鬼瓦が一昨年、豊福作品と分かったばかり。
豊福先生に興味のある方はぜひ「遙かなる漂流」を手に取ってください。
(※題字がシルバーなので写真は見えにくなっています。)
posted by 理乃(ニックネーム) at 18:20| 福岡 ☀| Comment(0) | NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: