2018年12月08日

関屋土塁&とうれぎ土塁

基山の関屋土塁&とうれぎ土塁を見に行く機会がありました。
案内はM氏。
基肄城の南東、鳥栖、久留米から太宰府へ抜ける場所にある2つの土塁です。
両方とも大宰府を防衛するために小さな谷を塞いだ「小(しょう)水城」と呼べるもの。
3号線沿いの関屋土塁(上町交差点脇)はほとんど痕跡がありません。

47102107_1907132326071471_7159950429369925632_n.jpg
関屋土塁

47682741_1907144796070224_4161135286127951872_n.jpg
関屋土塁説明板

とうれぎ土塁(玉虫交差点喫茶千秀隣)はなんとか高まりが残っています。

48391070_1907132746071429_2434559811820453888_n.jpg
とうれぎ土塁

48207207_1907147852736585_3847416194629894144_n.jpg

47576214_1907132799404757_8647315398024232960_n.jpg

超マイナーな史跡。

47576677_1907132549404782_6990251903523225600_n.jpg

一人ではなかなか行けないところでした。
おかげで歴史の勉强のとき、
関屋土塁ととうれぎ土塁のイメージを持てるようになりました。
posted by 理乃(ニックネーム) at 14:36| 福岡 ☁| Comment(0) | ●太宰府市外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: