2019年02月01日

「応天の門」D灰原薬

応天の門 5 (BUNCH COMICS)
応天の門 5 (BUNCH COMICS)


困った人、弱い者を見ると、かかわりたくないと思いつつ、
ついついかかわって人助けしてしまう若き日の道真。
後年、役人になって讃岐に赴任したおり、
善政を行ったという人柄と符合する。
都で魂鎮めの祭が催されるが、
見開きで伎楽の絵が描かれているのがうれしい。
政庁跡でなにか見られるとして、
ぜひ見たいのが伎楽だから。
在原業平と藤原高子が一瞬居合わせるシーンが切ない。
本当に引き合う二人の真剣な視線。
在原業平は高子と結ばれないゆえ、
女性遍歴を繰り返すのではないだろうか。
この時代、唐は混乱していた。
業平や道真が出入りする店の女主人、昭姫(しょうき)は誰に仕える女官だったのか?
密航してきた妖しい新たな登場人物は誰??
posted by 理乃(ニックネーム) at 11:58| 福岡 ☔| Comment(0) | NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: