2019年02月27日

「天上の虹A」里中満智子

天上の虹(2) (講談社漫画文庫)
天上の虹(2) (講談社漫画文庫)

この巻では筑紫が登場します。
百済救援のために一族上げて筑紫に南下。
朝倉橘広庭宮に宮が築かれるも斉明天皇は崩御。
そして白村江の戦いで敗戦し、多くの犠牲を出します。
中大兄皇子は近江大津宮へ遷都。
讃良は大海人皇子の息子、草壁皇子を出産。
けれど夫には讃良のほかに何人も愛する女たちが・・・。
自分は政治の話の相手にすぎないと、満たされない思いに悩みます。
「他の女のところに行かないで」と言えない讃良。
その心理は嫉妬深い女と思われることで嫌われたくないから。
けれど、夫が振り向いてくれないからといって、
息子にすべてをかけようとするのは愚かという理性を持っています。
一方中大兄皇子はついに即位し、天智天皇となります。
668年、近江大津宮で薬猟(くすりがり)が行われ、
有名な額田王と大海人皇子の歌が生まれます。
「茜さす 紫野ゆき 標野ゆき 野守は見ずや 君が袖振る」
「紫草の 匂える妹を 憎くあらば 人妻ゆえに 我恋めやも」
posted by 理乃(ニックネーム) at 23:55| 福岡 ☔| Comment(0) | ★太宰府関連本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: