2019年03月01日

天上の虹B里中満智子

天上の虹(3) (講談社漫画文庫)
天上の虹(3) (講談社漫画文庫)


3巻では壬申の乱が勃発します。
どこまでも大海人皇子について行くと言う讃良。
そしてもしも大海人皇子が戦いに倒れたら・・・。
一緒に死ぬとは言わず、代わりに志を実現するために生きると言います。
ここが讃良の強さ。
どんどん計画を進める大海人皇子。
一方、亡くなった中大兄皇子の跡を継いだ大友皇子の腰は重い。
ここで筑紫が再び登場。
栗隈王が大友皇子側から出兵を迫られますが、
筑紫の兵は唐に対するものと拒否。
ついに大友皇子は自死します。
posted by 理乃(ニックネーム) at 16:34| 福岡 ☀| Comment(0) | ★太宰府関連本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: