2019年07月18日

2019.6.4 筑紫万葉の故地をたずねてH都府楼跡北側の万葉歌碑

都府楼跡北側の万葉歌碑です。

「世間(よのなか)は 空(むな)しきものと 知る時し
いよいよますます 悲しかりけり」
(大伴旅人)
〜世の中は空しいものだと思い知ったとき、
いよいよますます悲しいものだ〜

20190604_160435 - コピー.jpg

この歌は万葉集巻五の冒頭に置かれています。
万葉集を編纂した旅人の息子、家持も、
この歌に思い入れがあったのでしょう。

大伴家は代々武門の名家。
養老4年(720年)、旅人は隼人の反乱を鎮圧するために
征隼人持節大将軍に選ばれ、
隼人征討に南九州にやってきました。
隼人側は数千人の兵が集まり、
7ヶ所の城に立て籠もりました。
朝廷側は九州各地から1万人以上の兵を集めて
戦ったといいます。
大宰府では赴任後まもねく妻を亡くし、
729年には長屋王の変も起こり、
心中は空しさでいっぱいだったことでしょう。
そんな中で生まれた歌でした。
揮毫は奈良女子大学名誉教授の坂本 信幸氏。

20190604_160449 - コピー.jpg
ラベル:大伴旅人
posted by 理乃(ニックネーム) at 17:29| 福岡 ☁| Comment(0) | ★万葉歌碑 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: