2020年06月30日

アンゴルモア 元寇合戦記

率土の最果て - 栗山貴行, 小野友樹, Lynn, 小山力也, 乃村健次, 斎藤志郎, 堀江瞬, 竹内良太, 小林裕介, 浜田賢二, 柴田秀勝, 鈴木達央, 立花慎之介, 小野賢章
率土の最果て - 栗山貴行, 小野友樹, Lynn, 小山力也, 乃村健次, 斎藤志郎, 堀江瞬, 竹内良太, 小林裕介, 浜田賢二, 柴田秀勝, 鈴木達央, 立花慎之介, 小野賢章

アンゴルモア 元寇合戦記は
元寇(文永の役・1274年)での対馬の戦いを描いたアニメ。

元寇を初めて知ったのは子どものころ
父が連れて行ってくれた東公園にあった日蓮聖人像でした。
その台座のレリーフの絵は矢田嘯雲によるもので、
蒙古軍に捕らえられた人々が
手に穴を開けられてつながられている様子が、
あまりに恐ろしくてトラウマになりました。
蒙古軍は対馬、壱岐を通ってきたわけで、
対馬がどれだけひどい損害を被ったか、
誰がどのように戦ったのか、
想像も及びませんでした。
このアニメは史実そのものではないけれど、
その歴史に肉迫して、
面白すぎて目が離せません。

時は1274年(文永11年)秋。
主人公は流人。
元御家人・朽井迅三郎らは鎌倉幕府によって対馬に流刑されます。
対馬に辿り着いた流人たちは、
対馬地頭、宗氏の娘・輝日姫から
蒙古・高麗の大軍団が日本に向かっており、
迅三郎たちは最前線の対馬で
戦うために送られたと聞かされます。
600年も前に対馬に築かれた金田城に
防人の末裔たちがまだ城を守っているという設定には
キュンキュンしてしまいます。
刀伊祓(といばらい)と言われる彼らは宗家には服属せず、
顔に入れ墨があったり独自の習俗と戦力を持っています。
また壇ノ浦の戦いから安徳天皇は
対馬に落ち延びていたという設定にも唖然・・・。
何のために戦うのか当初は意味を見いだせなかった朽井迅三郎は
戦いの中で対馬の人々と触れ合ううちに、
対馬の民のために戦うのだと志を抱くように変化します。
多くの主要人物が戦いに散って行った最後に
輝日姫が「対馬はまだ終わっておらぬ」と言うセリフに涙が出てきます。
戦いの場は博多に向かいますが、
それはまだコミック連載中です。

追記:太宰府市民としては
幕府軍として登場する少弐資能(しょうにすけよし)にも注目!
息子の景資が対馬に援軍を送るのを妨害しますが、
資能の墓は太宰府の森にひっそりとあります!!

posted by 理乃(ニックネーム) at 13:48| 福岡 ☔| Comment(0) | ★太宰府関連本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: