2021年01月17日

「天智帝をめぐる七人」@杉本苑子

天智帝をめぐる七人 (文春文庫) - 杉本 苑子
天智帝をめぐる七人 (文春文庫) - 杉本 苑子

あの大作、長屋王事件を描いた「穢土荘厳」の作家、
杉本苑子による「天智帝をめぐる七人」。
古代史の重要人物、中大兄皇子とはどんな人物であったのかを、
周りにいた七人の目を通して浮き彫りにしようとした作品。
その七人とは軽皇子、有間皇子、額田女王、
常陸郎女、鏡女王、中臣鎌足、鵜野皇女。
妖しい少女の造形もうまい。
からだをくねらせて踊る胡人の少女、比留児(ひるこ)。
混迷する古代史の、この時代を生きた人々への興味は尽きない。
posted by 理乃(ニックネーム) at 13:25| 福岡 ☁| Comment(0) | ★太宰府関連本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。