2007年12月03日

「隈麿(くままろ)公奥都城(おくつき)」

都から大宰府に左遷された菅原道真。
このとき紅姫と隈麿の二人の子どもたちを連れてきていました。
(道真には23人子どもがいたと言われています)

ひどい暮らしぶりの中で道真は脚気や皮膚病に悩み、
胃腸もこわすという状態になりましたが、
隈麿は、大宰府に着いた翌年、病で急逝してしまいます。

隈麿のお墓は榎社の近くの小高い丘にあります。
「隈麿之奥都城」がそれ。
奥都城とは墓所を意味します。

kumamaro1.jpg

紅姫のことはよく分かっていないようですが、
一説には隈麻呂に次いで翌年、道真も亡くなってしまったので、
土佐に流された道真の長男、高視の元に向かったと言われています。
榎社の社殿裏には紅姫の供養塔があります。
「隈麿之奥都城」から東へ4〜5分の所にも、紅姫の供養塔といわれる板碑があります。

「隈麿之奥都城」のある丘は納骨堂があって、
その一角に祠があります。
祠の脇には六つの花弁をつけるという
梅の木があります。

kumamaro2.jpg
ラベル:菅原道真
【関連する記事】
posted by 理乃(ニックネーム) at 11:51| 福岡 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ●隈麿公奥都城 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック