2007年12月13日

毘沙門天

四王寺山はどうして四王寺山というかというと、
奈良時代に新羅に対抗するために四天王が祀られたことからきています。

四天王とは毘沙門天・広目天・増長天・持国天のこと。

四天王のうち、北方の守護神の多聞天、すなわち毘沙門天が祀られているのが毘沙門堂。
毘沙門天は四天王中最強の護国・軍神・戦勝の神なのです。

1月3日、毘沙門堂では毘沙門天詣りが行われます。
毘沙門天詣りには変わった風習があるということです。
お賽銭を借りて持ち帰り、翌年、倍にして返すのです。
そうすれば商売繁盛すると伝えられています。

山頂の毘沙門堂は宇美町に位置します。
でも太宰府の国分寺の右奥にも毘沙門天が祀られています。
わざわざ山に登ってお参りしなくても、
麓でお参りできるようにということなのですが…。

bisyamon.jpg

木造の建物には中を覗ける穴があります。
でも中は暗くてよく見えません…。
posted by 理乃(ニックネーム) at 00:01| 福岡 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ●毘沙門堂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようございます。
お邪魔させていただきました

あん子と違いまして、理乃さんはキチンとした記事をお書きになって
あぁ〜 あたしって、、、てな感じです(汗
さんぽする時はお勉強させていただいてからと思いました。
これからもよろしくお願いします。
Posted by あん子 at 2007年12月14日 07:34
あん子さま、ようこそ!
お越しいただき、ありがとうございます!

これかも、楽しみながら書いていきますので、
遊びにきてくださいね。
なかなか余裕がないのですが、
グルメも充実させたいと思ってます。
Posted by 理乃 at 2007年12月14日 07:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック