2008年06月03日

大野城跡ウォーキング その8 水瓶山

大野城跡をぐるりと歩いたウォーキングのラストは
水瓶山でした。
太宰府口城門から太宰府天満宮に下る途中にある
標高210mの山です。

mizubeyama.jpg

ここはかつて雨乞いの場所でした。

9世紀、最澄が唐へ留学する前に立ち寄ったのが
宝満山のふもとにあった竃門山寺。
そこである日、水瓶山の方を見ると、
黒雲が沸き起こったので掘ってみると、
6個の瓶が出てきたそうです。
その年は大旱魃だったため、
最澄はその瓶に雨ごいの祈祷をしました。
すると雨が降り出したというのです。
それ以来、旱魃の際は
水瓶山で雨ごいの祈祷をするようになったということです。

さて、最後は水瓶山から
けもの道みたいな道を通って下りました。
最後の最後はロープにつかまって着地…。

毎日眺めて暮らしている四王寺山。
まだまだ足を踏み入れたことのない史跡がいっぱい。
追い追い機会を見つけて登ろうと思います。

(大野城跡ウォーキング 了)

---PR----------------------------------------
かわいいサテンブルーのきれいな色のお鍋でキッチンを明るく!

posted by 理乃(ニックネーム) at 21:41| 福岡 ☁| Comment(0) | ●大野城跡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: