2017年01月17日

「笠乃家」リニューアル

どんどんリニューアルが進む太宰府ですが、
「かさの家」にあらず「笠乃家」さんも
店舗が改装されているのに気付きました。

DSC_0886-2 - コピー.jpg
posted by 理乃(ニックネーム) at 11:27| 福岡 ☀| Comment(0) | ★参道のお店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月16日

イリベナオヒサ作品展

小鳥居情報の古民家ギャラリー吾亦紅さんで
イリベナオヒサさんの陶芸の個展が開催されています。

15541337_1132063120245066_4403057888533328564_n.jpg

15356661_1132063116911733_266823097560109863_n.jpg

従来の食器や花瓶という実用的なものよりも、
オブジェ的なものが多いのが特長。
ノスタルジックなオブジェが、ほのぼのとした気持ちにさせてくれます。

15380837_1132063123578399_5954865984411508368_n.jpg

タンバリンやトースター、スピーカーに上履き。

15541449_1132063193578392_1735960660515570621_n.jpg

あった、あった!こんなの!と、思っても、
実際は陶器だから使えません。
でも、わたしは絵具のチューブを箸置きにすることにしました。

15590029_1132063130245065_558836945342963220_n.jpg

明日、17日の午後2時から30分、
朗読(無料)があるということなので、
ご興味のあるかたはどうぞ。

15442243_1132063110245067_1258777174809113236_n.jpg
posted by 理乃(ニックネーム) at 21:47| 福岡 ☀| Comment(0) | ★参道のお店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月20日

太宰府情報 門前町「ぎゃらり 楓(ふう)」

駅から一つ目の鳥居のちょっと先の右手にある「ぎゃらり 楓(ふう)」。
ここに麒麟の図案の火鉢がありました。

DSC_2763-2 - コピー.jpg

中国の妖獣の中でも最も愛する麒麟。
天満宮にもありますし、
今日まで展示中の鳥獣戯画にも描かれています。
posted by 理乃(ニックネーム) at 12:50| 福岡 ☀| Comment(0) | ★参道のお店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月10日

太宰府お勧め展覧会:きもの利久さん>塩野圭子型絵染展 4月16日まで開催中

潮野圭子さんは型染め作家。
会場には自然の息吹を感じます。
モチーフは自然の野草や昆虫など。
そして染料も自然の野草など。

DSC_1640 - コピー.JPG

自然の中に包まれているような心地良さ。
特に目を引くのは「万華鏡」シリーズ。

DSC_1647 - コピー.JPG

同じ型を6回使って万華鏡のようなデザインとなっています。
キラキラした万華鏡ではなく、静かな落ち着いた世界。
自然を愛し、野草を愛し、昆虫を愛し、
それに生かされる暮らしをしていることが伝わります。
潮野さんは青梅市にお住まいなのだとか。
東京にもこんな自然が残っているんですね。
小品も干支や季節のお祭りのものがあります。
干支のデザインもとてもかわいいです。
利久さんは呉服屋さんですが、
日頃敷居が高いという方も展覧会は伺うチャンス。
奥にはとても上品な喫茶スペース「梅心庵」があって、
こちらにも塩野さんの作品が展示してあります。

DSC_1636 - コピー.JPG

DSC_1632 - コピー.JPG

DSC_1638 - コピー.JPG
ディテール

参道から近いので、喧騒を逃れて、染色の世界を楽しみ、
お茶で一休みはいかがでしょうか?
※きもの利久:太宰府市宰府1丁目2番25号
TEL:092-925-3131
posted by 理乃(ニックネーム) at 13:28| 福岡 ☁| Comment(0) | ★参道のお店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月29日

椎木酒店

太宰府天満宮社務所裏にある「椎木酒店」。

DSC01016.JPG

ここは鬼ずべの夜、本殿近くまで大松明を運び入れた燻手(すべて)たちが
鬼すべ堂での激しい攻防に備えて休憩するとき
立ち寄って一杯飲む酒屋でもあります。
初めて入ってみました。
リキュールを探すも日本酒と焼酎がほとんど。
少しだけあった中で買ったのがこれ。「ゼリー梅酒」?

DSC01018.JPG

初めて見ました。ゼリー梅酒って。
振ってぷるぷる、と書いてあります。
2月11日から14日まで天満宮で開催された梅酒まつりにも出品されていて、
売りきれたものだそうです。
醸造元は久留米の池亀酒造。
ゼリー梅酒というのは日本初だそう。
発売は2007年から。
大分県と福岡県産の完熟大梅と米焼酎で仕込んだ梅酒。
1回の製造で500本しかつくることができないらしいです。
ゼリーの素の増粘多糖類は天然物由来。
おなかの中で食物繊維としても働くので、
からだにもよさそう。
リキュールが大好きで、これはスイーツみたいなお酒。
気に入って、振り振りして毎日ちょびちょび飲んでます。
 ※参考/池亀酒造HP
posted by 理乃(ニックネーム) at 22:12| 福岡 ☁| Comment(0) | ★参道のお店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月15日

太宰府参道 松屋さん(維新の庵)の梅干しなど

太宰府参道 松屋さん(維新の庵)のちりめん小風呂敷とガーゼハンカチ。

DSC00247 - コピー.JPG

どちらも梅モチーフでかわいい。

小梅は果肉がやわらかく、塩辛さ控えめでおいしいです。

DSC00252 - コピー.JPG

維新の庵で出されるものは、この梅干しにグラニュー糖をまぶしたものですね。
たぶん。
posted by 理乃(ニックネーム) at 16:39| 福岡 ☔| Comment(0) | ★参道のお店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月27日

太宰府天満宮参道 北谷之窯のカップとお皿

ぐるぐる目が回りそうに忙しく、緊張もした一日。
北谷之窯さんのカップとお皿を眺めていっぷく。。。

DSC_0378 - コピー.JPG

カップは印花紋が押してあるけど、
白土の象嵌はしていないタイプ。
お皿の方は象嵌のあるタイプ。
梅のような枝ぶりのデザイン。
深みのある色がすてきです。
posted by 理乃(ニックネーム) at 18:16| 福岡 ☀| Comment(0) | ★参道のお店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月19日

さりげないおもてなし

参道の一角で花を飾り続けていらっしゃる
小田家の今日のお花です。

DSC_0291.JPG

posted by 理乃(ニックネーム) at 20:07| 福岡 ☁| Comment(0) | ★参道のお店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月13日

太宰府天満宮参道*・。*・。小田家の玄関先のすすき

太宰府には「だざいふ景観賞」というのが昨年できました。
景観まちづくりに関する取り組みの周知を目的として創設された賞です。
昨年、だざいふ景観大賞を受賞したのは甘木屋さん。
市長賞は史跡地に花を植える活動をしているゆづるはの会。
ゆづるはの会さんは太宰府の美しい景観にとって、なくてはならない存在。
そして特別賞を受賞されたのがこちらの小田家。
参道の一角に自宅の庭の花を飾り続けていらっしゃいます。
見過ごしがちですが、そのさりげなさがまた素晴らしい。

DSC_0202 - コピー.JPG

先日はすすきがあしらわれていました。
暑い毎日ですが、すすきは秋を予感させます。
※場所は参道、一つ目の鳥居の先、かすりや千織さんの右手。
posted by 理乃(ニックネーム) at 12:49| 福岡 ☔| Comment(1) | ★参道のお店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月12日

ホットな太宰府情報【太宰府天満宮参道〜九州国立博物館ミュージアムショップ参道】

太宰府天満宮参道、スタバの先に老舗「高島文房堂」という筆の専門店があるのを、
ご存知の方は多いでしょう。
学問の神様らしく、
筆の専門店があるのは最もだと思えていたのですが、
残念なことにお店を閉じてしまいました。
そしていつのまにか「九州国立博物館ミュージアムショップ参道」ができています。

DSC_0197 - コピー.JPG

かわりにできたのがミュージアムショップなのは救いですが、
それにしても残念。。。

でもミュージアムショップには埴輪のぬいぐるみとか、
土偶のレプリカとか、おもしろグッズがあるので、
見てみてくださいね。
ミュージアムショップに変わったとたん、
多くの人が訪れているのは事実です。。。
posted by 理乃(ニックネーム) at 12:39| 福岡 ☔| Comment(0) | ★参道のお店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月11日

太宰府天満宮参道*・。*・。*・。北谷之窯 錦之町店

参道の北谷之窯に寄りました。
大好きな佐々木厚さんは、いつも創造性に富んだ作品を作られるので
訪れるたびに、おや?という作品と出合えます。

人のように見える作品。

DSC_0210.JPG

強烈な赤の作品。

DSC_0215.JPG

丸みが美しい、ぐるぐるの渦巻き模様のある作品。

DSC_0212.JPG

足がある作品。

DSC_0214.JPG

DSC_0206.JPG

象の鼻あるいはしっぽの生えた作品。

DSC_0218.JPG

窯の写真は店内の窯開きの案内状から。

DSC_0220.JPG

DSC_0221.JPG

店内のロウケツ染めの暖簾は「倭(すなお)ろうけつ」伊藤倭さんの作品です。

DSC_0216.JPG

梅ケ枝餅を出していただき、まったり。。。

DSC_0230.JPG
posted by 理乃(ニックネーム) at 21:00| 福岡 ☁| Comment(0) | ★参道のお店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月17日

小鳥居小路の「ぎゃらりぃ吾亦紅」

ここ、前を通っても、なかなか開いてるときに出くわさなくて
ずっと入ったことがなかったんですが、やっと訪れました。
火、木、土曜日だけオープンのギャラリー(10:30〜16:00)。

DSC08262.JPG

訪れたときは手作り服と陶器と水彩画が展示されていました。
オーナーが小鳥居小路が元気になるようにとオープンさせたお店とのこと。
今、蓋をされている水路を一部見えるようにするとの計画もあり、
この小鳥居小路ももっと趣のある通りに変わっていったらいいなと思います。
単に観光客を呼び込むということではなく、静寂も大事にして。
さ、こちらではギャラリーの貸出も行っています。
何か発表したい方、スペースの一つとして考慮してもいいかも。
なにしろ駅、参道にとても近くて便利です。
posted by 理乃(ニックネーム) at 12:31| 福岡 🌁| Comment(0) | ★参道のお店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月23日

太宰府観光地情報〜観光地土産

残念ながら、この中のどのお菓子も口に入ったことがありません。。。

DSC06523.JPG

DSC06524.JPG

まじまじと見てみると、いろんな種類があるんですね。

DSC06525.JPG

DSC06521.JPG

DSC06522.JPG

これから太宰府天満宮は花菖蒲が美しい季節になります。
夜間照明は6月1日〜14日までですから、
この期間に夜の天満宮をお楽しみください。
さあ、花菖蒲が一番よく見える茶店といえば菖蒲池端の「うぐいす茶屋」。

DSC06528.JPG

ここからライトアップされた花菖蒲を見るのは格別でしょう。
これらのお土産も「うぐいす茶屋」の店頭のものです。
posted by 理乃(ニックネーム) at 17:26| 福岡 | Comment(0) | ★参道のお店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月29日

参道の小野東風軒

暑い太宰府です。
ニューカレドニアの高校生とスカイプ。
彼女は14歳ですが高校生でバイクに乗って通学。
日本の高校とは違いますね。

さて、汗ばむ季節、バッグに忍ばせているミニタオル。
バッグの中には、いろんな荷物が入っていて、
できるだけ荷物を減らしたい。
ミニタオルも通常の大きさではまだ大きい。
もっと小さなサイズないのかと思っていたら見つけました。
太宰府天満宮参道の小野道風軒さんで。

DSC05821 - コピー.JPG

DSC05822 - コピー.JPG

店頭には木鷽や肥前びーどろなどもありました。
縄文模様の肥前びーどろ、好きです。

DSC05783 - コピー.JPG
posted by 理乃(ニックネーム) at 13:48| 福岡 ☁| Comment(0) | ★参道のお店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月25日

【太宰府ぷち情報〜梅の香りのお香】

昨日、太宰府が日本遺産に指定されました。
古代日本の「西の都」〜東アジアとの交流拠点〜として。
今日はよいお天気。
太宰府天満宮は今日も東アジアからのお客様をたくさんお迎えしているでしょう。

さて、今日の太宰府ミニ情報は
梅の香りのお香。

DSC05775 - コピー.JPG

かつて一人暮らしの部屋でよく香を焚いていたので、
香りは気になります。
香りのお土産っていいかも。

DSC05774 - コピー.JPG

お仏壇のあるご家庭だったらお線香にしてもいいんです。
参道、一つ目の鳥居をすぎてすぐの右手にある「ぎゃらり楓」さんの店頭にて。

DSC05776 - コピー.JPG
posted by 理乃(ニックネーム) at 11:45| 福岡 | Comment(0) | ★参道のお店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月24日

太宰府で見つけた美の世界 焼き物篇

【太宰府で見つけた美の世界 焼き物篇】
光明禅寺の新緑の美しさは人の心を打ちます。
毎日、この庭を一分でも眺められたら、
さぞかし心がうるおうことでしょう。
その緑はその場に行って眺めるしかありません。
でも、光明禅寺の葉を閉じ込めた作品があると聞いてびっくりしました。
それは北谷之窯のお湯のみ茶碗。
丸さ加減がよく、とても形のよいお湯のみ。
ここにかけてある釉薬が、
なんと!光明禅寺の紅葉の落ち葉を焼いた灰だというのです。
びっくりすると共に、感動しました。
地元の美しい落ち葉を釉薬として使った美しい湯のみ。
紅葉して焼かれたあと、これほど自然で落ち着いた緑を発色するなんて。。。
こんなすてきな太宰府の器があるんです。
写真は「蛇の目うさぎ」の店頭で撮ったものですが、
きっと参道の「北谷之窯」に展示してあるのではないかしら?
太宰府駅から参道を進み、一つ目の鳥居を右に曲がると
「北谷之窯」は見えています。
光明禅寺の葉の色を閉じ込めたお湯のみで毎日お茶を飲む。
なんてすてきなんでしょう!

DSC05848 - コピー.JPG

写真は「蛇の目うさぎ」の店頭で撮ったものですが、
きっと参道の「北谷之窯」に展示してあるのではないかしら?
太宰府駅から参道を進み、一つ目の鳥居を右に曲がると
「北谷之窯」は見えています。
光明禅寺の葉の色を閉じ込めたお湯のみで毎日お茶を飲む。
なんてすてきなんでしょう!
posted by 理乃(ニックネーム) at 17:36| 福岡 | Comment(0) | ★参道のお店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月16日

若月まり子の和装ビスクドール

ほんとうにひさしぶりに太宰府参道の「かさの家」のギャラリーを覗いてみた。
何年ぶりだろう。
やっぱりあった。

DvSC05340.JPG

ビスクドール作家の若月まり子の和装の人形。
若月まり子は四谷シモンから人形制作を学んだ作家。
ギャラリーの主はこの作家のファンでいらっしゃるんだろう。

DvSC05349.JPG

わたしがこの人形作家を知ったのは、
この人形をもらったからだ。
高価な人形。
びっくりするほど妖精だった。
某地方のマスコミ関係の仕事をやめるとき、
同じ職場で働いていた親友がお別れにくれた。

DSC05403.JPG

親友亡きあと、この人形はわたしにとってますます大事なものとなった。
家に戻って、この人形のためにかつて求めたケースの中から出して
写真を撮ってみた。
人形は大事にすると、その生命は変わらない。
この人形はそもそも妖精だけど、
もらったときのままの青い目に豊かな金の髪だ。

DSC05403 - コピー.JPG
posted by 理乃(ニックネーム) at 14:58| 福岡 ☁| Comment(0) | ★参道のお店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月07日

「小野筑紫堂」さんの暖簾の版画

天満宮参道「小野筑紫堂」さんの暖簾の版画はかわいいです。
甘木の木版作家、故佐野至氏によるもの。
天満宮の行事、鬼すべ、曲水の宴、千灯明、どんかん祭り(神幸式大祭)です。

D SC04044 (1).JPG

D SC04044 (2).JPG

DSC05328 - コピー.JPG

D SC04045.JPG
posted by 理乃(ニックネーム) at 10:52| 福岡 ☁| Comment(2) | ★参道のお店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月03日

『きもの利久』

太宰府天満宮大駐車場の近くに『きもの利久』があります。

先日、そこで京都のうつわ屋さん『一客』の器展が催されていましたので
先輩先生と行ってきました。
(器 一客) http://www.ikkyaku.co.jp/index.html

ほしい器がいっぱい。。。

利久2_1_1.jpg

利久3_1_1.jpg

中庭。

利久1_1_1.jpg

お着物はお二階で。

おすすめのお着物はこちら。

利久4_1_1.jpg

生紬訪問着「洛中洛外図」。
上州赤城山麓で丹念に育てられた蚕から採れる柔らかな糸。
その糸を紡いで創られた生紬訪問着です。
「洛中洛外図」。
すてきですねえ。

利久5_1_1.jpg

置いてあった市松人形がかわいかったです。

利久10_1_1.jpg

このお人形も。

利久6_1_1.jpg

こちらカフェも併設されています。
お店の右脇から入れます。

落ち着いたカフェをお探しの方、ぴったりです。

利久7_1_1.jpg

自家製のシフォンケーキとプリン。
某パティスリーに発注したのかと思うくらいおいしかったです。

利久8_1_1.jpg

『きもの利久』さんでは着付け教室、茶道教室など
さまざまなお教室も行われています。

http://www.kimonorikyu.com/
posted by 理乃(ニックネーム) at 23:29| 福岡 | Comment(0) | ★参道のお店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月14日

T家の太宰府探訪 その9 小野筑紫堂の茶房

太宰府参道には表の喧騒が嘘のような静かな茶房があります。
参道、天満宮に向かって右手に落ち着いた店構えの「小野筑紫堂」があります。
先祖には藤原純友の乱を治めた小野好古などがいらっしゃる太宰府の旧家です。
日本庭園を眺めながらゆっくり過ごせるのに、梅ケ枝餅1個からでもいただけます。
お土産物も忘れずに見てください。
わたしの好きな木乃丸院の陶器も置いてあります。
茶房で出していただいたお茶のお湯のみも木乃丸院のものでした。
これからだと小さなお雛様などもおすすめ。
暖簾や梅ヶ枝餅のパッケージデザインが木版で素敵なのですが、
これはは甘木の木版作家、佐野至さんによるものです。

小野筑紫堂茶房20131229_3_1.jpg
posted by 理乃(ニックネーム) at 18:59| 福岡 ☀| Comment(0) | ★参道のお店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする