2017年03月27日

『眩人』 松本清張

太宰府関連本。

眩人 (中公文庫) -
眩人 (中公文庫) -

太宰府を訪れた人物の中でも、その華麗な経歴と不可思議な死で興味深い玄ム。
その物語に興味があって読んでみた。

500ページを超える大作の第一部は長安の都での玄ムの物語。
真面目な僧と思っていた玄ム像はここで壊される。
玄宗皇帝から紫の袈裟を着る許しを得たということも、
師について仏教を学んだことも、
そういうことにしておこうという玄ムの空言となっていて驚く。
身をもちくずした留学僧と懇意になり、
ゾロアスター教の寺院の儀式に参加した玄ムは妖しい幻覚を見て以来、
使われた秘薬を手に入れようと奔走する。
帰国の船は4艘のうち無事に帰還できたのは1艘のみ。
しかも種子島に漂着した。
平城京へ向かう途中、大宰府に立ち寄り、建築中の観世音寺を見る。
第二部は玄ムが長安から連れてきた雑技に長けた若きペルシャ人
李密翳が玄ムを語るという体裁になっている。
平城京での玄ムは朝廷に取り入り、
長い間病で閉じこもっていた聖武天皇の母宮子を李密翳が処方する秘薬で完治させ、
その後、宮子、皇后光明子、皇太子(娘)にも寵愛を受ける。
そのすべてと関係があるという噂を立てられつつ。
則天武后に傾倒していた玄ムは彼女が諸国に寺院を建設したように、
大仏と国分寺、国分尼寺の建設を光明子に進言する。
栄華を誇っていた玄ムにもやがて影が差す。
台頭してきた藤原仲麻呂により造観世音寺別当に左遷させられると、
怪死を遂げることになる。
玄ムの死は藤原広嗣の残党の仕業と言われていた説を
清張は藤原仲麻呂の陰謀だとする。
仏教に影響をもたらしたゾロアスターという宗教が謎めく。
火を崇めたゾロアスター教。
光明子の名も国分寺の正式名称、金光明四天王護国之寺も火に関係している。
玄ムの死後、二回目の遣唐使となる真備もまた筑紫に左遷されるなど、
この時代の権力闘争は熾烈なもの。
知れば知るほど歴史は面白い。

※表紙、挿絵は平山郁夫
posted by 理乃(ニックネーム) at 01:54| 福岡 ☁| Comment(0) | ★太宰府関連本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月14日

藤沢周平『白き瓶(かめ)』 小説 長塚節(たかし)

初めて藤沢周平の本を読みました。
『白き瓶』。
長塚節の伝記です。
長塚節は歌人、小説家。
1879年(明治12年)に茨城県国生村の豪農の家に生まれました。
体が弱く家業を手伝いますが、後先顧みない父の政治活動で借金に悩む日々。
そんな中、正岡子規と出会い入門します。
写生主義の短歌を「アララギ」で発表しつつ、小説「土」も書き評価されました。
日本各地を旅して歌の題材を得てもいました。
そして喉頭結核を発症、九州帝国大学に耳鼻咽喉の名医久保猪之吉博士がいると聞き九州に来ます。
太宰府では観世音寺をたいそう気に入り何度も訪れました。
丈六仏にも心を奪われます。
観世音寺に立ち寄った動機は道真の「都府楼は纔かに瓦色を看
観音寺は只鐘聲を聴く」という「不出門」の漢詩でした。
そして飛鳥時代からある梵鐘も見るのです。
絵葉書に「太宰府は実に日本の霊地と存申候」と書いています。
肺結核にも冒され、死の間際にあの有名な
「手を当てて鐘はたふとき冷たさに爪叩き聴く其のかそけきを」を作りました。
作ったのは11月23日。
翌年の1915年(大正4年)1月、37歳の若さで九大で亡くなりました。
この本は藤沢が驚くべき執念で長塚節の文学と人生と旅の軌跡を克明に追っています。
吉川英治文学賞を授賞しました。
伊藤左千夫との確執、いっこうに減らない家の借金、
快復しない病状。
けれど短歌への情熱は衰えず、それが命を削ることになるのです。
恋も病のためにあきらめ、生涯独身でいました。
潔癖そうなその風貌。。。
現代の医療技術だと救えただろうその命。。。
結婚だってできたでしょう。

多くの人が訪れた太宰府。
日本各地を旅した長塚節も魅入られた観世音寺。
彼が触れた梵鐘は今もそこにひっそりとあります。

白き瓶―小説長塚節 (文春文庫) -
白き瓶―小説長塚節 (文春文庫) -
posted by 理乃(ニックネーム) at 23:07| 福岡 ☀| Comment(0) | ★太宰府関連本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月02日

「九州太宰府殺人事件」 木谷恭介著

K氏が今読んでいると教えてくれた「九州太宰府殺人事件」。
テレビドラマ化されるなどミステリー作家として売れっ子だった木谷(こたに)恭介。
旅情ものをいくつも書いている中で今回、太宰府だったのに興味を覚え読んでみた。
警察庁長官直属で、管轄区域や警察組織の壁を越えた捜査権限を持つ警察庁特別広域捜査官、
宮之原昌幸警部が殺人事件を解決するシリーズものの一作だ。
といってもこの作品は経済小説のようでもある。
銀座のバー「キリコ」を訪れた2日後に月丘建設の元常務、
宝生和浩が秋月で残忍な死体となって発見される。
胸には梅の枝が置かれ、コートと上着の間に短冊が挟まっていた。
そこには旅人の
「わが苑に梅の花散るひさかたの 天より雪の流れ来るかも」
という歌が書かれていた。
月丘建設は2ヶ月ほど前に倒産していた。
キリコに勤める冬子は宮之原警部と事件解明のため動く。
そして月丘建設が倒産に至った経緯が少しずつ解き明かされていく。
倒産の前に月丘建設の株を売ったのは柳明笵。
そのバックには元建設大臣の粟津がいた。
なぜ宝生は秋月で死んだのか。
福岡県は粟津の選挙区であり、太宰府に家があった。
さらに背後に政官財界を牛耳ったフィクサー、鬼島がいた。
その愛人鳥海弥生が政官財界の大物が集うサロン「ロプノール」のママであり、
出身地が秋月だった。
宝生が秋月へ行く前、立ち寄ったということで太宰府が登場する。
冬子と宮之原警部は都府楼前駅にやって来て、
展示館、観世音寺、五条、天満宮を訪れる。
作中描写される古代の大宰府については的確だ。
ここで宮ノ原警部は面白い説を語る。
「白村江の戦いで百済が滅び貴族のほとんどが日本に移住した…。
大和政権は百済そのものなんじゃないか」と。
柳明笵は株を売った大金の小切手をヘッジファンドに送金した。
ここで作家はヘッジファンドというマネーゲームを批判する。
「今の不況はバブルの後始末が上手く行かないから。
銀行が国や大蔵省を頼りにして自分で後始末をつけないから。
同時に金融行政を取り仕切っていた大蔵省の責任でもある。
その後のビックバンでアメリカは1200兆円と言われている
日本人の個人資産を剥ぎ取ろうとしている」と。
そして巨額の金はヘッジファンドに送られたのだ。
最後で宝生と旅人の関係が語られる。
宝生は大宰府へ左遷された旅人に自分をなぞらえたのではないかと。
「歴史は陰謀と裏切りの連続。時代が変わってもそれは変わらない」
しかし、梅は永遠に咲き続けている小説は結ばれている。
確かに。人の世は醜い。
けれど梅は今年も高貴な香りを漂わせれいる。

九州太宰府殺人事件 (ハルキ文庫) -
九州太宰府殺人事件 (ハルキ文庫) -
posted by 理乃(ニックネーム) at 23:02| 福岡 ☀| Comment(0) | ★太宰府関連本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月19日

刀伊入寇 藤原隆家の闘い 葉室麟著

刀伊入寇 藤原隆家の闘い (実業之日本社文庫) -
刀伊入寇 藤原隆家の闘い (実業之日本社文庫) -

久しぶりに面白い小説を読んだ。
面白すぎる。
元寇の前に刀伊(とい・女真族)という外敵が博多に攻めてきてたなんて。
もしもそのとき藤原隆家が大宰権帥として赴任していなかったら、どんなことになっていたかわからない。
そんな大事な歴史なのに、なぜこんなにも知られていないのか不思議だ。
この小説はそんな歴史の真実を踏まえながら、
清少納言と紫式部が同時に宮仕えをしていたり、
安倍晴明が出てきたり、
隆家が対立する花山院に刀伊の一族が仕えていたり、
物語を面白くする仕掛けがもりだくさんだ。
なにより主人公の隆家がかっこいい。
政界を牛耳った道長の甥で一条天皇の后の定子の弟である隆家。
兄の伊周(これちか)、父の前関白の道隆同様に美男の隆家は殿上人でありながら荒っぽい。
やがて政争に明け暮れる京に嫌気がし、自ら望んで大宰府にやってくる。
そして侵攻してきた刀伊は壱岐・対馬を襲い、博多で民家を焼いた。
刀伊に立ち向かう隆家に作家が言わせる言葉がいい。
それはなぜ隆家がこの国を守るのかということ。
「この国には敗者を美しく称える雅の心がある。だからこそ、この国を守りたいと思う。この国が滅びれば雅もまた亡びる」
そして滅亡した渤海国の末裔、女真族に対する眼差しがまたいい。
博多を荒らした女真族は祖霊の地に戻り、金を建国。金は北宋と盟約を結び、宿敵契丹を滅ぼす。やがてモンゴルに滅ぼされるまで、百年間、北部中国を支配した。
滅んだ国の末裔たちの悲しい生。隆家が契る女真族の怪しい女、瑠璃。そして生まれた息子は物語だけの存在だが、その者たちに対する隆家の接し方がいい。
1000年前に起きた刀伊入寇、そしてこの地で活躍した隆家という人。
もっともっと知られなければならないと思う。
にしても鎧と烏帽子をつけ闘う隆家はかっこよすぎだ。
posted by 理乃(ニックネーム) at 02:19| 福岡 ☁| Comment(0) | ★太宰府関連本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月29日

「太宰府と菅公」菊池寛

菊池寛全集 第21巻に収録されている「太宰府と菅公」を読みました。
昭和17年、菊池寛は京都奈良に次いで、
日本史の大舞台の一つとしての太宰府を訪れました。
そして太宰府町長や町の人々に頼まれこの本を書くことになりました。
菊池寛は町長たちに聞きました。
「懐良(かねなが)親王のご遺跡については、何か記念碑でもありますか」
ところが町長たちには懐良親王の名は初耳のようでしたので、
菊池は憤慨しました。
太宰府は天神様だけを町の誇りとしなければならないのかと。
刀伊の賊を撃退した藤原隆家の活躍や、
元寇の役の本営であったことなどを忘れてはいないかと。
日本の三代古都の一つである太宰府を天下に宣伝しないのは
太宰府町民の不覚であると。
この本には太宰府の歴史と菅公の伝記が書かれています。
特に太宰府の歴史の方は、
これまで読んだことがなかったことも書かれていて、興味深いです。
菊池寛に怒られぬよう、もっと太宰府の歴史を学んでいきたいです。
知れば知るほどますます面白くなる。
それが太宰府の歴史です。
※菊池寛全集は太宰府市民図書館で借りられます。
posted by 理乃(ニックネーム) at 23:59| 福岡 ☁| Comment(0) | ★太宰府関連本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月15日

読書memo:詩人・菅原道真 うつしの美学/大岡信

ライフワークにしていこうと思っている太宰府の文学。
先週臥せっている間に一気に読むことができたのがこの本。
神様として政治家としての菅原道真の言説は多々あれど、
詩人としての道真に関する本はなかなかありません。
でも秀逸な本がありました。
道真の和歌は有名ですが、彼は漢詩の第一人者でありました。
しかも太宰府に左遷されてから素晴らしい詩を残しています。
それが「菅家後集(かんけこうしゅう)」。
「菅家文草 菅家後集」の校注者、川口久雄はこう書いています。

「道真は晴れのとき、公のときは
繊細妖艶を極めた美の世界を言葉で構築した。
わたくしのとき、ひとりのときには
人間の奥底にひそむやむにやまれぬ名づけがたいものに肉迫して、
これに表現を与えた。
彼は十世紀の列島社会において、
言葉の真の意味で文学したひとりの人間といえよう。
彼はわが文学史上の上で、和漢ふたつの領域に出入りした
まれにみることばの魔術師であり、ことばとの格闘者であった。」

この本を読んで太宰府天満宮に行くときは、
詩の神様として道真公をお参りしようと、改めて思いました。
府の南館で道真が織り出した詩の数々。。。
もっとそこに目を向けなければならないと感じています。

詩人・菅原道真―うつしの美学 (岩波現代文庫) -
詩人・菅原道真―うつしの美学 (岩波現代文庫) -
posted by 理乃(ニックネーム) at 13:44| 福岡 ☀| Comment(0) | ★太宰府関連本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月24日

『あっぷっぷ』で絵本選び*・。*・。*『ボタ山であそんだころ』

太宰府の素晴らしい絵本専門店『あっぷっぷ』。

DSC_1057-2.jpg

わたしはこの書店で絵本を選ぶ時間がとっても好き。
機会を得てプレゼント用の絵本を選びました。
ソファに座って、ちゃんと初めから最後まで読みます。
『ボタ山であそんだころ』は良質の絵本。

DSC_1052-2.jpg

筑豊に炭鉱があったころ、ボタ山の近くに住む小学生が主人公です。
石炭のにおいがしてくるように、炭鉱とともにあった暮らしが目の前に広がります。
そこに暮らす子どもたちが実に生き生きと描かれています。
それは作者が実際に体験したことだから。
自分より貧しい家庭の子どもをなんとなく差別する子どもの社会。
学校で使う定規すら買ってもらえない炭住の子ども。
でも子どもたちは元気に遊びます。
そして炭鉱につきものの事故が起きて、
親をなくした子どもはどこかへ行ってしまいます。
暗いストーリーのはずなのに、読後に清涼感が残るのは
作者がかつての時代を愛しているから。
そして厳しい生活の中でも、たくましく生きる子どものちからを信じているから。
与えられた運命はどうしようもない。
今ある生活を愛し、その中で懸命に生きていく人々。
この絵本は大人にも勇気を与えます。
失われゆく炭鉱の記憶。
かつて日本にあり、そして今でも変わらない貧しき者の暮らし。
大切な一冊です。

さて、追加情報です。

DSC_1059.JPG

『あっぷっぷ』では毎年恒例となった昔話研究家、小澤俊夫さんの講演会が開かれます。
言わずとしれた小澤征爾のお兄さんで、オザケンのパパ。
その温かい人柄に接するのを毎年楽しみにしています。
posted by 理乃(ニックネーム) at 12:15| 福岡 ☁| Comment(0) | ★太宰府関連本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『あっぷっぷ』で絵本選び〜『ボタ山であそんだころ』

太宰府の素晴らしい絵本専門店『あっぷっぷ』。

DSC_1057-2.jpg

わたしはこの書店で絵本を選ぶ時間がとっても好き。
機会を得てプレゼント用の絵本を選びました。
ソファに座って、ちゃんと初めから最後まで読みます。
『ボタ山であそんだころ』は良質の絵本。

DSC_1052-2.jpg

筑豊に炭鉱があったころ、ボタ山の近くに住む小学生が主人公です。
石炭のにおいがしてくるように、炭鉱とともにあった暮らしが目の前に広がります。
そこに暮らす子どもたちが実に生き生きと描かれています。
それは作者が実際に体験したことだから。
自分より貧しい家庭の子どもをなんとなく差別する子どもの社会。
学校で使う定規すら買ってもらえない炭住の子ども。
でも子どもたちは元気に遊びます。
そして炭鉱につきものの事故が起きて、
親をなくした子どもはどこかへ行ってしまいます。
暗いストーリーのはずなのに、読後に清涼感が残るのは
作者がかつての時代を愛しているから。
そして厳しい生活の中でも、たくましく生きる子どものちからを信じているから。
与えられた運命はどうしようもない。
今ある生活を愛し、その中で懸命に生きていく人々。
この絵本は大人にも勇気を与えます。
失われゆく炭鉱の記憶。
かつて日本にあり、そして今でも変わらない貧しき者の暮らし。
大切な一冊です。

さて、追加情報です。

DSC_1059.JPG

『あっぷっぷ』では毎年恒例となった昔話研究家、小澤俊夫さんの講演会が開かれます。
言わずとしれた小澤征爾のお兄さんで、オザケンのパパ。
その温かい人柄に接するのを毎年楽しみにしています。
posted by 理乃(ニックネーム) at 11:46| 福岡 ☁| Comment(0) | ★太宰府関連本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月17日

「改訂 太宰府伝説の旅」

昨日買ってきて、今朝読み終えた本。

IMG_20150117_0001.jpg

かつて雨乞いをしていた水瓶(みずかめ)山。
そのとき捧げられた龍のイメージが湧かなかったものが、この本でよく分かった。
龍の胴体は藁で作る。そこに山茶花か椿の葉を挿して鱗に見立てる。
頭は樟で作る。
これで納得。。。。
posted by 理乃(ニックネーム) at 12:17| 福岡 ☁| Comment(0) | ★太宰府関連本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月12日

「大学的福岡・太宰府ガイド」

都を追われ、大宰府に左遷された菅原道真は
南館に謫居していたというが、
大宰府の町に入ったときの様子はどうだったのか気になっていた。

太宰府の数十名の専門家の文章が寄せられた本書の一部。
松川博一氏の「菅原道真と大宰府」の中にその場面を見つけた。

IMG_20141012_0001.jpg

冷遇された1500里の旅路の果て、
大宰府に到着した模様を
菅原道真は「菅家後集」の中でこう詠んでいるとのこと。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
税駕南楼下
停車右郭辺
宛然開小閣
●者満●阡
  ↓
駕を下ろす 南楼の下
車を停む 右郭の辺(ほとり)
あたかも小閣を開くがごとし
みる者 か阡に満てり
  ↓
朱雀門の下で 車から馬を離し
町の右郭あたりで車を停めた
小閣を開いたように
朱雀大路に見物客が押し寄せた
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

都を追われて辿り着いた右大臣だった菅原道真をひと目見ようと
朱雀大路には人が溢れていたというのだ。

posted by 理乃(ニックネーム) at 21:45| 福岡 ☔| Comment(0) | ★太宰府関連本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月01日

『太宰府人物志』

去年頂いていた本、一気に読了。
毎朝、起きがけに、
昨日、観世音寺の境内でも読んだ。
去年太宰府市制施行30周年を記念して太宰府市が刊行した「太宰府市人物志」。
一人2ページの構成で読みやすい。
でも100人以上が登場。
知らなかった人物もたくさんいる。
都府楼に対する熱い思いをかつても今もみんな抱えている。

太宰府人物誌.jpg
posted by 理乃(ニックネーム) at 12:38| 福岡 ☁| Comment(0) | ★太宰府関連本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月15日

『珈琲店タレーランの事件簿』

書店で平積みされている『珈琲店タレーランの事件簿』。

珈琲店タレーランの事件簿 また会えたなら、あなたの淹れた珈琲を (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ) [文庫] / 岡崎 琢磨 (著); 宝島社 (刊)

どうして、ここで紹介しているかと言えば、
作家が太宰府在住だからです。

この作品60万部売れました。
その魅力を探ろうと読んでみました。

殺人事件が起きるわけではありません。
ミステリーは日常の延長線上に…。

この本で気になったのはコミュニケーションの問題。
ヒロインのバリスタはやってくるお客様、すべてとコミュニケーションを取ろうとします。
でも、そのやり方は挫折。
すべての人と同じように通じ合おうとしても
うまくいかない人も出現します。
一度、失敗したヒロインは新たなコミュニケーションに躊躇します。

いついかなるときも人を悩ませるコミュニケーション。
人とどのようにかかわればいいのか。
人の心にどこまで立ち入ることができるのか。
傷つくことをおそれていてはコミュニケーションは成り立たない。
でも、たとえ失敗しても人はまた他の人に救われる。

posted by 理乃(ニックネーム) at 17:07| 福岡 ☁| Comment(0) | ★太宰府関連本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする