2008年05月19日

旭地蔵尊

観世音寺のお散歩ついでに
山手へと足を伸ばしてみました。
宝蔵の脇の野原は刈り取られた草の香りで満ちていました。

お線香の香りが漂ってくると思ったら、
旭地蔵尊でした。
ここは仁治元年(1240)、横岳山崇福寺を創建した禅僧、
湛慧(たんね) の墓所と伝えられています。

asahijizo.jpg

そのころ観世音寺にも1月7日に鬼すべの行事があったそうです。
観世音寺の鬼すべは、その日、寺を通る人を捕まえて、
頭に鬼の面をかぶせ、鬼として打ったり叩いたりするものだったということです。
ある年の鬼すべの日、たまたま通りかかって鬼にされてしまったのが湛慧でした。
辱めを受けた湛慧は憤慨して朝日山の東側に穴を掘り、
中に籠もりました。
穴の中からは読経の声と鉦(かね)の音が聞こえていましたが、
ある日、途絶え、
湛慧は座ったまま息絶えていたということなのです。
湛慧は手厚く葬られ、後に地蔵を祀ったのがこの旭地蔵尊。

崇福寺は天正14年(1586)年、島津氏と大友氏の戦いで焼失しましたが、
慶長5年(1600)年に黒田長政が博多に移して黒田家の菩提寺としました。
博多区千代にある崇福寺の敷地内には
福岡城本丸の表門だった山門(重要文化財)や
名島城(今は失われた海辺のこのお城は、
その跡地にたたずみ往事の姿を偲ぶと浪漫を感じてしまいます)
の唐門(重要文化財)も移築されています。
旭地蔵尊も境内に建てられていて、
御本尊の地蔵像は太宰府から移されたと伝えられています。
ここではお百度参りをする人の姿を見かけます。


太宰府に残った旭地蔵尊も病気や悩み事など、
願い事を聞き届けて下さるという信仰が根付いていて、
線香の煙が絶えません。

この旭日地蔵尊を訪れた日にも、
老婦人がお線香を上げ、
お参りしてらっしゃいました。


---PR----------------------------------------
かわいいフランス製のシンプルな体重計

posted by 理乃(ニックネーム) at 13:04| 福岡 ☁| Comment(0) | ●旭日地蔵尊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする