2017年07月03日

国分ぷちガイドE毘沙門堂

今回の国分案内の最後です。
毘沙門堂は去年12月に全焼しました。

DSC06247 - コピー.JPG

これが以前の毘沙門堂です。

中はこうでした。

DSC06248 - コピー.JPG

毘沙門天が祀られていました。

DSC06251 - コピー.JPG

ところが昨年12月、全焼しました。

DSC0330220-20E382B3E38394E383BC - コピー.JPG

けれど翌年2カ月立たないうちに再建されました。

16195562_1169794013138643_1117015063419492881_n - コピー.jpg

しかも中はグレードアプ。
床には石が貼られています。

DSC_3036 - コピー.JPG

毘沙門天像は火災でひび割れ、修復に出されていました。
そして今回初めて戻ってきたお姿を拝見。

絶句!

DSC_3034 - コピー.JPG

痛々しいお姿。
人間でもそうですが、火傷の跡は消えるものではありません。
ひび割れの跡も多数。
以前のお顔と比較すると、
どうもこわばっているように見えて仕方がありませんでした。
ラベル:国分寺 毘沙門堂
posted by 理乃(ニックネーム) at 13:46| 福岡 ☀| Comment(0) | ●国分寺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月02日

国分ぷちガイドD 国分天満宮

国分のムラの人たちが菅原道真公を祀った国分天満宮。
こんもりした鎮守の森だったのが、
6月、大きな木をたくさん伐られてこのとおり。

DSC_3027 - コピー.JPG

みるたびにスカスカになった姿を嘆いています。

DSC_3030 - コピー.JPG

昔の人はこういう森を伐るとバチが当たるといいました。
祟られるとも。
それは木を守るための知恵だったように思います。

DSC_3032 - コピー.JPG

ここの万葉碑が大好きです。
山上憶良が妻を亡くした旅人になりかわって詠った歌。
「大野山 霧立ち渡る わが嘆く 息嘯(おきそ)の風に 霧立ちわたる」
太宰府の万葉碑の中でも大きなもの。
そしてこの場所からまさに大野山(四王寺山)に
霧が立ちわたっているのがよく見えるのです。
posted by 理乃(ニックネーム) at 13:41| 福岡 ☁| Comment(0) | ●国分寺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月01日

国分ぷちガイドC 国分寺〜寺号額

国分寺の寺号「国分密寺」が書かれている額は
なんと水城跡から出土した木樋です。

DSC_3025 - コピー.JPG

664年に築かれた水城の木樋をすぐそばで見られる貴重な場所です。
国分寺にみえたら寺号額も忘れずご確認くださいね。
posted by 理乃(ニックネーム) at 14:07| 福岡 ☁| Comment(0) | ●国分寺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月30日

国分ぷちガイドB国分寺〜明治二十四年 本堂再建時之圖

国分寺本堂内に飾られている明治二十四年の本堂再建時之圖です。

DSC_3024 - コピー - コピー.JPG

ガラスが入っているので反射してこの角度しか撮れませんでした。
時代と共に変化していく国分寺ですが、
明治時代も今とは違います。
七重塔の礎石の脇に大師堂がありました。
ラベル:国分寺
posted by 理乃(ニックネーム) at 12:02| 福岡 ☁| Comment(0) | ●国分寺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月28日

国分ぷちガイド@国分寺〜薬師如来坐像

本日は夕方のわずかな時間、
遠方から見えている『麗し太宰府』の読者の方をご案内しました。
今回は国分寺にお連れしました。
もう閉まっていたお寺でしたが、
頼んでみると中へ入れてくれました。

DSC_3019 (1) - コピー.JPG

大好きなご本尊の薬師如来坐像です。
このふくよかで穏やかで素朴な仏像が大好きです。
唇の造形も上品ですばらしい。
頭の飾りの右の赤い玉は日光菩薩、白い玉は月光菩薩を現し、
薬師三尊というのだそうです。
からだを治してくださる薬師如来さまです。
前に座って拝むように勧められたので、
お祈りもしてきました。
立派な丈六仏で重要文化財です。
立派な丈六仏で重要文化財です。
火災になったときのために、以前は後ろの壁が開くようになっていたとのこと。
今は防火扉があるので閉ざされています。
国分寺は創建当時、20人の僧侶を置くように定められていました。
それはこの重たいご本尊を運び出すのに20人必要だからとのこと、
との解説は今回初めて耳にしました。
まだご覧になったことがない方は、
ぜひこの薬師如来さまを見ていただきたいと思います。
posted by 理乃(ニックネーム) at 21:36| 福岡 ☁| Comment(0) | ●国分寺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月28日

国分松本遺跡発掘調査現地説明会

新しい道路を作るために発掘された国分松本遺跡。
そばを通るときに、何か出ているよねと思っていたましたが説明会があると聞いて行ってみました。

場所は国分尼寺跡と国分寺跡の中間地点。

今回見つかったのは掘建柱建物1と2と3。
1のあとで2が建てられています。
これらは国分尼寺に関わる建物だったと推測されています。

20150328国分松本遺跡説明会5_1.jpg

3つ見つかった井戸の中で一番大きなもの。

20150328国分松本遺跡説明会1_1.jpg

木枠は水を含んでいるよう。
美しい瓦も埋まっています。

この遺跡から出土した花寺という文字が記載された器は注目を集めたばかり。
本物が目の前にあります。

20150328国分松本遺跡説明会4_1.jpg

花の時期に発見された器。。。
国分尼寺は10人も尼僧がいたと言われるので
僧ばかりの国分寺に比べると華やいでいたのでしょうか。

これは石帯。
蛇紋岩製のベルトの飾り。

20150328国分松本遺跡説明会2_1.jpg

そして未だに金箔が輝いている数珠。

20150328国分松本遺跡説明会3_1.jpg

奈良時代から平安時代にここにあった建物。
美しい尼僧たちが出入りしていたのでしょう。
そしてあるとき、一人の尼僧の数珠の紐が切れて
大切な金箔の数珠を失くしてしまった。
探してもどうしても見つからなかった。
がっかりして振り返りながら尼寺へ戻って行った、
なんていう空想をしてしまった
花の季節の朝でした。

★遺物の一部は4月1日〜10日まで文化ふれあい館で展示するそうです。


posted by 理乃(ニックネーム) at 13:16| 福岡 ☀| Comment(0) | ●国分寺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月06日

ここはどこ?

さあ、ここはどこでしょう?

20140605国分寺遺跡_1.jpg

国分寺ですね。
国分寺はいつ誰がどうして建てたの?

国分寺が建てられたのは天平13年(741)のこと。
建てたのは聖武天皇。
仏教に守られた平和な国を作ろうとの願いから、
まず奈良に東大寺。そして諸国には国分寺・国分尼寺を建設したのです。

太宰府の国分寺は九州各国の国分寺の中心でした。

現在の国分寺は金堂跡の上に立っています。
裏手に回るとこの写真の講堂跡があり、広々としています。
posted by 理乃(ニックネーム) at 17:19| 福岡 ☁| Comment(0) | ●国分寺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月14日

国分寺本堂の欄間の美女たち

年末に訪れた国分寺の本堂。
重要文化財の御本尊、薬師如来は先にご紹介したばかり。

その本堂の欄間には2体の龍などが彫られています。
その龍よりも気になるのが琵琶と笛を奏でる美女たち。
たおやかで、
なまめかしくもある美女たちです。

hue_1.jpg

biwa_1.jpg

くねらせたからだのその線、波打つ衣の襞…。
うつくしく上品な顔立ち。小さなくちびる。
そして…その浮遊感がいいのです。

どういう方が彫られたのか気になります。


posted by 理乃(ニックネーム) at 22:14| 福岡 ☀| Comment(4) | ●国分寺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月04日

国分寺の薬師如来

国分寺の御本尊、薬師如来は重要文化財に指定されています。

この薬師如来は奈良時代に行基によって作られたと言い伝えられています。
真偽のほどはどうであれ、
この薬師如来様はふくよかで柔和なお顔をされています。

薬師如来1_1_1.jpg

左手に薬が入っている器を持ち、
右手は印を結んでいます。

薬師如来はすべての人が病から逃れ、
精神的にも楽しい暮らしができるよう、十二の誓願を立てられました。
そのため病気の治癒を願う仏様として信仰されています。
 ※参考/説明書き

薬師如来2_1.jpg
posted by 理乃(ニックネーム) at 21:30| 福岡 ☁| Comment(6) | ●国分寺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月06日

クローバーの丘

国分寺の五重塔跡がクローバーに覆われています。

クロ−バー2_1_1.jpg

撮影は昨日。5月5日。

少し前、ここで女の子たちがクローバーを摘んでいました。
昨日、行ったスーパーでは
頭にクローバーの花輪を飾っている女の子を見かけました。

わたしもかつて、そうやって首飾りを作ったなぁ。
春の日の女の子の、かわいい遊び。クローバー摘み。
ここでは、それができますよ(^_−)−☆

クロ−バー1_1.jpg
posted by 理乃(ニックネーム) at 20:53| 福岡 ☁| Comment(7) | ●国分寺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月27日

国分寺のつつじ

国分寺のつつじもきれいに咲いています。

国分寺つつじ1_1.jpg

ここの松の刈り方、丸っこくて好きです。

国分寺つつじ2_1.jpg

国分寺つつじ5_1.jpg

国分寺つつじ3_1.jpg

国分寺つつじ4_1.jpg

政庁通りと観世音寺のつつじの見ごろはこれからです。
posted by 理乃(ニックネーム) at 22:55| 福岡 ☁| Comment(4) | ●国分寺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月10日

国分寺と七重塔

遺跡が多い太宰府。
リピーターぐらいしか行かないと思いますが、
国分寺も緑が多く安らぐ遺跡スポットです。

kokubunji1.jpg

できたのは奈良時代。
聖武(しょうむ)天皇が全国に国分寺・国分尼寺を建てた、その一つ。
礎石が残る塔跡と講堂跡が見られます。
今のお堂は金堂跡に建てられた真言宗の本堂です。
平安時代後期の作と云伝えられる薬師如来座像(重要文化財)がありますが、頼めば見せてもらえるかも。
本堂前の道の真ん中に立つのは八角燈籠。
奈良の東大寺大仏殿の前にある銅製八角燈籠をモデルに制作されたもの。
重厚な感じが古都らしくいいです。


kokubunji2.jpg
現在の本堂右側にある七重塔基壇跡

kokubunji3.jpg
七重塔は10分の1のサイズに復元されています。
国分寺の先の文化ふれあい館で見ることができます。

★PR
敬老の日のギフトにいいかもひらめき
「超濃厚 宇治抹茶生チョコレート」
      ↓
http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=10GDGT+53DJ3M+5WS+C28PV&a8ejpredirect=http%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fitohkyuemon%2F514670-1%2F




ラベル:国分寺
posted by 理乃(ニックネーム) at 23:15| 福岡 | Comment(0) | TrackBack(0) | ●国分寺 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする