2017年08月20日

戒壇院のリコリス

今朝、戒壇院の参道でリコリスを見ました。

DSC04290.JPG

最近植えられたものかしら?
ここで初めて見ました。

DSC04287.JPG

もう秋の虫も鳴いています。
もうじき夏も終わり。
夏の思い出が足りない方は駆け足で!
posted by 理乃(ニックネーム) at 10:27| 福岡 ☁| Comment(0) | ●戒壇院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月17日

戒壇院の白木蓮

絶好の撮影日和!
戒壇院の白木蓮です。

DSC01080 - コピー.JPG

今年は花数が少くてさびしいけれど、
青い空と白い花びらの対比が素晴らしい。

DSC01069 - コピー.JPG
posted by 理乃(ニックネーム) at 18:28| 福岡 | Comment(4) | ●戒壇院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月04日

戒壇院の菩提樹ただいま一分咲き

みなさま、最近、以前よりちょっとマメにアップしておりますこのブログを
いつも見ていただきまして、ありがとうございます。

さて、今日はみんなが注目して開花を待っている戒壇院の菩提樹の開花情報です。

昨日も旅の人に出会いました。
戒壇院の菩提樹が満開かなと思って訪ねてきましとのこと。。。
残念!
まだ一分咲き。

ほんの少し開花している花に顔を近づけ、思いっきり深呼吸。。。
ああ。。。なんていい香り。。。
ジャスミンのような高貴な香り。。。

20140603戒壇院の菩提樹_1.jpg

その旅の方は言いました。
筥崎宮前の恵光院というお寺にも菩提樹があって
そちらはもっと咲いているのだそう。

さあ、花の見頃はいつだって気まぐれ。
あと1週間後くらいが見頃かな?

戒壇院前の空き地では紫陽花が色づいています。

20130603戒壇院の紫陽花_1.jpg

20140603紫陽花2_1.jpg

posted by 理乃(ニックネーム) at 13:03| 福岡 ☔| Comment(0) | ●戒壇院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月03日

戒壇院ご本尊の両脇のほとけさまは誰?

戒壇院の境内にいたわたし。
旅の人が尋ねた。
ご本尊の両脇のほとけさまはなんですか?

うっ。。。
言葉につまり、本堂のほとけさまを確認しに行く。。。
わ、わかりません。。。
とっさに出た◯◯菩薩かもしれません。というのも間違ってた。。。orz

はい。まずご本尊は毘廬舎那仏。
平安時代(12世紀)の像で漆の上に金箔が張られています。
国の重要文化財。

では両脇のほとけさま。
まず向かって左。弥勒菩薩。
右手に五重塔を持っていて250の戒律を授ける。
右は文殊菩薩。
左手に経巻を持って知恵を授ける。どちらも江戸時代の作。

※参考 太宰府観光協会HP
posted by 理乃(ニックネーム) at 01:21| 福岡 ☁| Comment(0) | ●戒壇院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月09日

T家の太宰府探訪 その3 『戒壇院』

T家の太宰府探訪の続きです。
今回は『戒壇院』。
本堂の脇の菩提樹の木の脇には美しく砂紋がつけられいます。
いつからかそこに瓦が置かれていたのですが、
その瓦もお正月支度をしていて
しめ飾りがついていました。

戒壇院20131229_1_1.jpg

瓦にもしめ飾り。
神聖なるものだから?
いと不思議な日本的光景。

戒壇院201312292_1.jpg
posted by 理乃(ニックネーム) at 00:27| 福岡 ☔| Comment(0) | ●戒壇院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月13日

戒壇院前の紫陽花が見頃です。

C'est la saison des hortensias en Juin.

戒壇院の紫陽花が見頃を迎えています。
梅雨のズル休みで、ちっとも雨が降らない今年ですけど…。

20130611紫陽花_1_1.jpg

20130611紫陽花2_1_1.jpg

20130611紫陽花4_1.jpg

20130611紫陽花3_1.jpg
posted by 理乃(ニックネーム) at 17:22| 福岡 ☁| Comment(2) | ●戒壇院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月12日

戒壇院の日中不戦の植樹

戒壇院にこのような碑があることは知っていました。

日中不戦の植樹1_1.jpg

でも、これがどういうものなのかは全く知りませんでした。
それがある方との出会いを通して分かりましたので、
改めて写真を撮りに行きました。

日中不戦の植樹2_1.jpg

奈良時代、753年に来日した唐僧鑑真は
12月26日に太宰府を訪れて、この地で初の授戒を行いました。
戒壇院を開山したのは鑑真で、今も奈良時代と同じ場所にあるのです。

日中友好の先達・鑑真が足跡を残すこの寺を日中友好協会はとても大事にしています。
この碑は1960年代、太宰府の人々の義捐金で建立されました。
そして日中友好教会の筑紫支部は中秋の日に、月見の宴をしているということです。
posted by 理乃(ニックネーム) at 10:35| 福岡 ☀| Comment(0) | ●戒壇院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月11日

今日の戒壇院の菩提樹

人生はままならない。
落ち込むことも多いです。
そんなとき、わたしは植物に会いに行きます。

日が暮れるころ向かったのは戒壇院。
門のあたりから、
花の盛りを迎えたその木の強い芳香は漂ってきました。
金木犀にも似たその上品な香り…。

20130611菩提樹5_1_1.jpg

20130611菩提樹4_1_1.jpg

鑑真がもたらしたという菩提樹の木。
その木の花があと数日は見頃です。

20130611菩提樹3_1.jpg

20130611菩提樹2_1.jpg

この香りを逃がさないで、留めておきたい…。
でもそれは儚い夢。
人生のように…。

20130611菩提樹_1.jpg

何かに閉じ込めておきたいこの香り。
でも儚いからこそすてきです。
posted by 理乃(ニックネーム) at 21:09| 福岡 ☁| Comment(0) | ●戒壇院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月05日

戒壇院の菩提樹の見頃は1週間後くらい?

C'est fleurs de tilleul que je tombe en amour.
Ces fleurs a fleuri dans le vieux temple du 8e siècle,《Kaidanin》.

郵便局に行ったついでに
戒壇院の菩提樹の開花状況を確認してきました。
見頃は1週間くらいあとかなあ?

20130605菩提樹_1.jpg

鑑真が中国から請来したという言い伝えがある菩提樹です。

20130605菩提樹6_1.jpg

この花が咲き乱れるころ、
わたしはこの花に恋をする。
1年に一度、その開花を待ち望む…。

20130605菩提樹5_1.jpg

20130605菩提樹4_1.jpg

20130605菩提樹3_1_1.jpg

6月9日にはリコーダーのコンサートがある模様です。

20130605菩提樹2_1_1.jpg
posted by 理乃(ニックネーム) at 20:56| 福岡 ☁| Comment(0) | ●戒壇院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月15日

戒壇院の紫陽花

菩提樹が咲いている戒壇院。
紫陽花も咲いています。

戒壇院の紫陽花1_1.jpg

観世音寺から見る、この角度の風景も好き。

では、いつものすてきな小道を歩いていきましょう。。。

戒壇院の紫陽花2_1_1.jpg

戒壇院の紫陽花3_1.jpg

昔からよく見る手毬型の花が咲くホンアジサイ。

戒壇院の紫陽花4_1_1.jpg

雨に映える青い花。

戒壇院の紫陽花5_1.jpg
posted by 理乃(ニックネーム) at 22:51| 福岡 ☁| Comment(3) | ●戒壇院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

菩提樹の花が咲いています

昨日の朝、戒壇院の菩提樹を見に行きました。


菩提樹の花は咲いています。

20110614菩提樹2_1_1.jpg

鈴蘭のように小さくてかわいい、
レモンイエローの花が垂れ下がっています。

20110614菩提樹1_1_1.jpg

今でもきれいですが、満開は数日後でしょうか。。。

ジャスミンのような、
でもそれよりもっと大人しい香りが漂っています。
いつかの年に嗅いだ噎せ返るような香り。。。
それはまだ。。。


posted by 理乃(ニックネーム) at 01:55| 福岡 ☁| Comment(4) | ●戒壇院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月01日

定家葛(ていかかずら)

観世音寺から戒壇院へ続くこの道が好き。

定家葛1_1_1.jpg

ここに今、こんな古風な白い花が咲いています。

定家葛3_1.jpg

香りも強い。。。

この花は定家葛(ていかかずら)。

定家葛2_1_1.jpg

藤原定家に関係があるのでしょうか?
そうみたいです。

式子内親王を愛した藤原定家は、
死後も彼女を忘れられず、葛に生まれ変わって
式子内親王の墓にからみついたという伝説(能『定家』)に基づく。
   ※ウィキペディアより

posted by 理乃(ニックネーム) at 21:07| 福岡 ☁| Comment(2) | ●戒壇院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月31日

菩提樹の花の蕾

今日は歯医者に。。。

帰りは戒壇院へ。。。
確かめたいことがあったから。。。

2011.5.31 菩提3_1_1.jpg

2011.5.31 菩提樹3_1_1.jpg

美しい渦巻きの砂紋。

2011.5.31 菩提樹2_1.jpg

確かめたかったのはこの樹の花の開花。。。
菩提樹です。

まだつぼみでした。。。
満開のときにまた来たいです。。。
この花の香りが大好きだから。。。
どうぞ、来れますように。。。

2011.5.31菩提樹_1.jpg
posted by 理乃(ニックネーム) at 22:16| 福岡 ☁| Comment(8) | ●戒壇院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月23日

2010戒壇院&観世音寺の紅葉

久しぶりに太宰府の自宅で昼間の時間を過ごしました。
衣類を整理したり、
お洗濯したり、洗車したり。
朝は赤米のおはぎを作り、
夜は団子汁を作りました。
夕方のお買い物は五条の西鉄ストアへ。
図書館にも寄ってイサム・ノグチの画集を借りました。

もう車が少なくなった政庁通りを運転しましたが、
途中の戒壇院と観世音寺の紅葉があまりにきれい。。。
もちろん寄り道です。

いろいろ遠出するけど、
結局太宰府が一番きれいだったりして。
よそからわざわざ太宰府の紅葉を見にこられるのに、
わたしたちは通りすがりに気軽に見ることができる。
恵まれてますよね。

というわけで、これはアップしとかなくちゃということで
わたしが一人ぜいたくな夕暮れ時のお散歩を楽しんだ
戒壇院と観世音寺の紅葉をお届けします。

まずは戒壇院から。

戒壇院紅葉1.jpg

戒壇院紅葉2.jpg

戒壇院紅葉3.jpg

戒壇院紅葉4.jpg

そして観世音寺。

観世音寺紅葉1.jpg

観世音寺紅葉2.jpg

観世音寺紅葉3.jpg
posted by 理乃(ニックネーム) at 21:00| 福岡 ☀| Comment(4) | ●戒壇院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月08日

戒壇院の蝉時雨

前回の記事で戒壇院を訪れたとき、
動画も撮ってきました。

夏の真っ盛り。
戒壇院の蝉時雨です。


posted by 理乃(ニックネーム) at 11:14| 福岡 ☀| Comment(0) | ●戒壇院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月13日

戒壇院で初座禅

この春は時間に余裕があったので、
太宰府のNPO法人「歩かんね太宰府」が主催する
太宰府歩きのコースに参加することができました。

NPO法人「歩かんね太宰府」はメンバーがプランニングしたコースを
一般の参加者を募って、
解説付きで歩くもの。
春と秋に約20のコースを企画しています。
メインは太宰府に散在する史跡巡り。
べテラン解説員さんたちが普通は知りえないような
史跡に案内し、その豊富な知識を披露して解説してくれます。
そのほか自然と親しむコース、アートに触れるコース、
食事付きの女性に人気のコースなど。
登山の装備が必要な山の史跡を巡る健脚向きのコースも用意。
歴史好き、ウォーキング好きが集って
太宰府の風を感じるコースを歩いています。
スタッフの掲げる旗とユニフォームのオレンジ色が目印。

さて、5月12日に参加させていただいたのは
「戒壇院周辺ゆったりアート散策」。

戒壇院に集合して→故冨永朝堂氏アトリエ→政庁跡→観世音寺→戒壇院(食事)

という充実した魅力的なコースでした。

さて、今日は最初の戒壇院をご紹介します。

戒壇院はいわずと知れた古刹。

KAIDANIN2.jpg

奈良時代、出家者が正式の僧尼となるため必要な戒律を授けるために設置された施設です。

当時戒壇院は天下に3つあり、
あとの二つは東大寺と下野の薬師寺でした。
でも今、戒律を授けた壇が実際に残るのはこの戒壇院のみ。
本堂の中をのぞいてみてください。

天平勝宝5年(753年)、唐僧鑑真は12月26日に太宰府を訪れます。
そしてこの地で最初の授戒を行ったのです。
開山は鑑真です。

現在、戒壇院は臨済宗の禅寺となっています。

そこで、このコースの始まりは
戒壇院での座禅となっていました。

気ままなわたし。。。
実は座禅は苦手です。

靴と靴下を脱いで本殿の中に入り、
壁に沿って設けられた座禅のスペースで足を組みます。
頭は天井から吊り下げられているようにまっすぐ、
目は半眼で1メートルくらい先を見ます。
呼吸はゆっくりと。
吐く息が吸う息の2倍の長さになるように。
邪念をはらって、呼吸に集中します。

最初の座禅は8分ほど。
2回目の座禅は15分ほど。
でも2回目の方が短く感じました。
足は痛くなるけど、しびれることはありませんでした。
邪念は。。。?

次回はわたしがこのコースで一番行きたかったっていうか、
どうしても1度行っておかなくては思っていたゆえに
このコースに参加したという
故冨永朝堂先生のアトリエをご紹介します。

★NPO法人「歩かんね太宰府」のホームページを許可を得て
リンクさせていただきました。
右のリンク集からお入りください。
posted by 理乃(ニックネーム) at 21:05| 福岡 | Comment(4) | ●戒壇院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月28日

戒壇院前の紅葉

今年の紅葉はイマイチなのかなと思っていたら、
いえいえすてきです。
本日の戒壇院の前の紅葉です。

kaidaninkoyo1_1.jpg

kaidaninkoyo2_1.jpg

こういうカーブした細道が好きです。

kaidaninkoyo3_1.jpg
(※クリックすると大きくなります)
posted by 理乃(ニックネーム) at 23:48| 福岡 ☀| Comment(4) | ●戒壇院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月10日

「戒壇院(かいだんいん)」

観世音寺左手にある「戒壇院」。

KAIDANIN2.jpg

聖武天皇が観世音寺境内に天平宝字5年(761)に建立した名刹です。
門前には「不許葷酒肉入境内」と彫られた石碑が立っています。

KAIDANIN3.jpg

葷酒肉(くんしゅにく)境内に入るを許さず。
臭気のある野菜(ネギ、ニンニクなど)、酒、肉は境内に持ち込むことを許さないということ。
禅寺の入口によく建っているものだそうです。

奈良時代、僧侶になると税を逃れられたため、
いたずらに僧侶と名乗る者が多く、
規律が乱れ、
これはだめだと正式の僧侶となるために
必要な戒律を授けるために設置された施設です。

ともに天下の三戒壇と呼び習わされた中央戒壇(東大寺)と東戒壇(下野薬師寺)に対して、
西戒壇(さいかいだん)とも呼ばれました。

KAIDANIN4.jpg
瓦に西戒壇の文字が入っています。

現在は臨済宗の禅寺となっています。
本堂は延宝8年(1680年)再建のもの。
本尊盧舎那仏(るしゃなぶつ)坐像は平安時代末期の作で、
国の重要文化財。
右手の奥には鑑真像もあります。

渡航後の鑑真が初めて授戒を行った場であるとされます。
そんな由緒ある寺にもかかわらず、
80歳の住職の跡を継ぐ人はいないのだと聞きました。

住職の読経に合わせ、朝4時半から5時半まで座禅を組んでいるのが御歳87歳のTさん。
なんとTさんは座禅のあと、暗い山道を登り、
四王寺県民の森まで行かれるのが日課だそうです。
宵の明星が美しく、座禅も山歩きも苦にならないとのこと。
感服です。


るんるん理乃の太宰府便り」メルマガ登録はこちらからお願いします。
http://www.mag2.com/m/0000246358.html

----PR------------------------
かわいいセーターみたいなカバーがかわいい湯たんぽ。
灯油が高い今、湯たんぽが再評価?
 ↓
http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=10GDGT+53DJ3M+5WS+C28PV&a8ejpredirect=http%3A%2F%2Fitem.rakuten.co.jp%2Fanalostyle%2F1219607%2F

ラベル:戒壇院 鑑真
posted by 理乃(ニックネーム) at 11:56| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ●戒壇院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする