2008年10月19日

追憶の太宰府 Tさんからの聞き書き その2

昭和23年頃〜昭和31年頃まで連歌屋に住んでらっしゃった
Tさんから伺った話の覚書、その2です。

だざいふ遊園地のあった場所は湿地帯だった。
相撲の土俵があった。

お石茶屋の奥には吊り橋があった。
 ↓
【これはわたしもかすかな記憶があります。
もっとのちなってからの記憶ですが…。
あの吊り橋はいったいいつなくなったのでしょう?
そしてどこからどこへ渡るための吊り橋だったのでしょう?】

境内にはタンチョウ鶴がいた。

太宰府の人は梅ヶ枝餅とは言わず、
やきもちと言った。

当時梅ヶ枝餅を5個頼むとすると、
5個のほかに山盛りの餡子が付いてきた。
正式の食べ方は1個の梅ヶ枝餅に
この付いてきた餡子をのせて食べるというものだった。
当時の梅ヶ枝餅は1個5円だった。
持ち帰りは竹の皮に包まれていた。

鬼すべは連歌屋の四つ角でも
火を燃やしていた。

ps.
扁桃腺炎で高熱を発し、
未だ回復せぬまま、
とりあえず伺ったことを忘れないうちにとメモした次第の
文章となっております…。
(高熱とともに読みふけって完読した
「暗黒館の殺人」なる奇書についても書きたいと思えど、
もう体力が…)

posted by 理乃(ニックネーム) at 22:36| 福岡 ☁| Comment(0) | ★追憶の太宰府(聞き書き) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月18日

追憶の太宰府 Tさんからの聞き書き その1 

ライフワークにしたいと思っているものの1つに
太宰府の古い時代の聞き書きがあります。

最近、昭和23年頃から昭和31年頃まで連歌屋に住んでらっしゃった
Tさんに偶然巡り合い、
古いお話を少し聞けましたので、
ご紹介します。

下記地図の!マークの位置には当時お風呂屋さんがありました。
お風呂屋さんの右隣には材木屋、米屋があったそうです。
お風呂屋さんの向かいには平島自転車、
その左隣には洋服屋さん。
黄色の道を挟んだ向かいには煙草屋。
浦の城橋の袂には豆腐屋があったそうです。

黄色の道は当時進駐軍の戦車も通って行きました。
宇美に米軍関係の施設があったらしく、
そこへ向かっていたということです。
またこの道は木炭バスも通っていました。
馬車も通り、
道には糞が落ちていました。

当時は岩踏川の水もきれいで、
おばちゃんたちは岩の上で洗濯をし、
子どもたちは泳いでいたということです。

posted by 理乃(ニックネーム) at 20:33| 福岡 | Comment(0) | ★追憶の太宰府(聞き書き) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする