2013年06月15日

黄金の狛犬さまがいた!

Ce sont les lion gardien des temples.
Ici,c'est Dazaifu Tenmangu.
http://fr.wikipedia.org/wiki/Lion_gardien_des_temples

太宰府天満宮には境内に入ってから本殿にいたるまでに
4対の狛犬がいます。
最後の本殿前の狛犬は全身白い大理石です。
それで終わりだと思っていました。

ところが…!
はなちゃんさまから情報があったのです。
どうやらまだあるようです…。

それで確認してきました。
でもその狛犬さまはご本殿の中にいらっしゃるのです。
本殿の外にいては、とても見辛い位置においでです。
参拝客の中に混じりながらも…
ああ、いた〜(いらっしゃったですか…)、
確認してつい笑みが出てしまいました。

ご本殿の中の狛犬さまは
流石、究極の狛犬さまでした。
なんと黄金!

近づくことができないので
こんな写真で、ごめんなさい。

では阿行から。

黄金の狛犬_1_1.jpg

玊を咥えています。

それでは吽形。

黄金の狛犬2_1.jpg

角が生えています。

はなちゃんさま、情報ありがとうございました。
posted by 理乃(ニックネーム) at 14:16| 福岡 ☁| Comment(4) | ★狛犬玉手箱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月27日

寶満宮の出雲型狛犬

吉松に寶満宮という神社があります。
古代官道に沿った神社で古いものだと思われますが、
いわれはよく分かりません。
下の写真の樹を見ていただければ
この土地の古さがお分かりと思います。

狛犬ウォッチャーのわたしは
ここで太宰府では珍しいタイプの狛犬と遭遇しました。
出雲型です。

まずは阿形(あぎょう)から。

homangu1.jpg

homangu3_1.jpg

出雲型には「身構えタイプ」とおとなしくお座りしている
「蹲踞(そんきょ)タイプ」とありますが、
これは典型的な身構えタイプ。
ずいぶん体を伏せています。

homangu2.jpg

大正2年の制作。
このように狛犬が長方形の石に鎮座しているのも珍しいと思います。

出雲型は島根県宍道町来待地区で産出する来待石(きまちいし)という砂岩系の石を使って
大量に作られ、各地に運ばれました。
でもこれは来待石とはちょっと違う気がします。
出雲タイプを筑後あるいて筑紫で真似て作ったのでは?
というのがわたしの説ですが、
いかがでしょうか?
顔も筑後的な感じがします。

では吽形(うんぎょう)を。

homangu4.jpg

homangu6.jpg



posted by 理乃(ニックネーム) at 14:39| 福岡 ☁| Comment(2) | ★狛犬玉手箱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月27日

狛犬玉手箱 その13 灯篭の上の狛犬

太宰府天満宮の狛犬は4対だと思ってました。
…と、ところが…!

本日、太宰府天満宮参道取材中、
ひと休みと梅ヶ枝餅片手にベンチに腰掛けて、
ふと目を上げると…。
いた!

太鼓橋の前の灯篭の上に…。
なんで今まで気付かないの? わたし…。

とても立派な江戸時代の灯篭がありまして、
その上に狛犬さんがいるのです。

では右の灯篭から。

tenkoma1_1.jpg

面白い格好をしています。

tenkoma2_1.jpg

tenkoma.jpg

左手をお手みたいに上げてるんです。
痩せてるし。
これって招き狛犬??

左の灯篭です。

tenkoma4.jpg

こちらは思いっきり逆立ちしてます。

tenkoma6.jpg

そんなにのけぞらなくても…って思うんですけど。

tenkoma5.jpg

江戸時代からずっと逆立ちしてます。

tenkoma7.jpg
文化9年(1812)。

灯篭の上の狛犬というスタイルがあることは知っていて、
いつか見たいなんて思ってたんですけど、
こんなに身近にありました。
やっと会えたよ〜ハートたち(複数ハート)


ラベル:狛犬
posted by 理乃(ニックネーム) at 22:52| 福岡 ☀| Comment(4) | ★狛犬玉手箱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月18日

狛犬玉手箱 その9 榎社の筑紫型狛犬

菅原道真公が901年に大宰府に左遷されてから、
903年まで謫居されていた場所に建つ榎社。

ここの狛犬は周辺の狛犬とそっくりです。
そのため、わたしは筑紫型ととりあえず分類してみます。

では、阿形(あぎょう)から。

enokisya2.jpg

enokisya.jpg

吽形(うんぎょう)です。

enokisya4_1.jpg

enokisya6_1.jpg

enokisya5_2.jpg

昭和12年作。

筑紫型はなかなかイケメンです。

ほかにどんなのがあるかというと、
これまでにアップしている分ですが、ご覧ください。

次は水城にある老松神社の狛犬。
明治36年作。
石工は白水九兵衛さん。

oimatsukoma9.jpg

次は通古賀にある王城神社の狛犬さん。
明治33年作。
石工は河内●●さん。

ogi18_1.jpg

次はお隣の筑紫野市二日市の二日市八幡宮の狛犬さん2種。
1つ目は県道112号に面した方の鳥居の下の狛犬さん。
年代、作者ともに不明。
古くて、風化が進んでいます。

hutukaitihatiman36.jpg

もう1つは本殿前の狛犬さん。
昭和12年作です。

hutukaitihatiman13.jpg


enokisya6_4.jpghutukaitihatiman13_2.jpg

榎社と二日市八幡宮の狛犬は同じ昭和12年に制作されています。
ここまで似ていたら、これは同じ工房の作品ではないのでしょうか?

最後に博多区上月隅の地禄神社の狛犬さん。
昭和3年。
石工は柴田清さん。
同じ流れだと思います。

kamitukigumajiroku.bmp

いかがですか?
筑紫型狛犬さんたち。
特徴は胸の筋肉はもりもりしているけれど、
背中は痩せて骨が浮き出ていることってところかな。



posted by 理乃(ニックネーム) at 23:06| 福岡 ☀| Comment(2) | ★狛犬玉手箱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月05日

狛犬玉手箱 その1のおまけ 太宰府天満宮境内

太宰府天満宮の狛犬の中で
一番好きな狛犬さん。

とってもキュート。

dazakoma2_1.jpg

ブルーのお目目に
お口の中にはちゃんと彫り残した玉が・・・。
そしてお口の中にはお賽銭が詰まってます。

dazakoma1_1.jpg

そのため玉は動かしにくくなっております・・・。
posted by 理乃(ニックネーム) at 22:25| 福岡 | Comment(4) | ★狛犬玉手箱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月23日

狛犬玉手箱 その8 天満神社B コロコロ初体験

korokoro1.jpg

狛犬の阿形はこの天満神社のように
玉を噛んでいるものも多く見られます。

玉は狛犬が完成したのちに
口の中に入れるのではありません。
石を削って口を作るときに彫り残した石なのです。

狛犬仲間のブログによって
それまでそんなこと思いもつかなかったのですが、
この石を触るとコロコロ動くのだと気づきました。
そこでわたしもコロコロしてみました!
(ごめんなさい。狛犬さん。
あくまで石工さんの技術に敬意を表してです…)

korokoro2_5.jpg

ああ…、できた!
コロコロ。
玉が口の中でコロコロ動きます。
ちょっと感動です…。
いえ、かなりの感動です!

posted by 理乃(ニックネーム) at 23:19| 福岡 ☁| Comment(5) | ★狛犬玉手箱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月21日

狛犬玉手箱 その8 天満神社A 吽形

tenmanjinjya11.jpg

天満神社の吽形(うんぎょう)の狛犬です。

tenmanjinjya12.jpg

tenmanjinjya13.jpg

この狛犬さん、もしかして
志免町別府付近にある亀山八幡宮の鳥居の横の狛犬さんと
同系列かもしてないということが
狛犬仲間のkomaQさんのコメントで発覚!
これはいつか亀山八幡宮に行かねばなりませんねぇ。
宿題ですね。わたしの。
眉が一直線なところ、通常より歯が小さなところ、
前足の毛並みなど、共通点がいっぱい。

tenmanjinjya14.jpg

tenmanjinjya15_1.jpg

tenmanjinjya16_1.jpg

tenmanjinjya17_1.jpg

tenmanjinjya18.jpg

tenmanjinjya19_1.jpg

posted by 理乃(ニックネーム) at 23:49| 福岡 ☔| Comment(2) | ★狛犬玉手箱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月20日

狛犬玉手箱 その8 天満神社@ 阿形

太宰府の狛犬研究7カ所目は天満神社の狛犬です。

tenmanjinjya1.jpg

tenmanjinjya2_1.jpg

いますねぇ。狛犬さん。

tenmanjinjya3.jpg

今日はまず阿形(あぎょう)から。

tenmanjinjya4.jpg

tenmanjinjya5.jpg

高いところにいるんですが、
正面から見ると、意外に愛嬌のある顔をしています。
眉毛は一直線タイプ。
口に玉をくわえています。

tenmanjinjya6.jpg

横から見ると、こわい顔なんです。

tenmanjinjya7.jpg

tenmanjinjya8_1.jpg

尻尾は立派です。
ヨーロッパの柱頭みたい。

tenmanjinjya9_1.jpg

石工の名前は彫ってあるのに読み取れない!
関係者の方、ここに黒い墨を入れてくれないでしょうか…。

tenmanjinjya10.jpg

こちらは墨が入っていて読めます。
昭和8年の制作。

なかなかの狛犬です。






posted by 理乃(ニックネーム) at 21:27| 福岡 ☁| Comment(2) | ★狛犬玉手箱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月12日

狛犬玉手箱 その7 北谷の石工さんのいたいけな狛犬

「太宰府の狛犬研究」その7は高良宮の狛犬です。
高良宮は筑紫野市の吉木にあります。
なぜ「太宰府便り」で取り上げるかというと、
北谷の石工さんが彫っているからです。
この石工さんの彫った狛犬に出会って、
作者の石工さんが大好きになりました。
あまりに、…あまりにかわいい狛犬なのです。
そんなわけで吉木の集落の中にひっそりとある
高良宮の狛犬をご紹介します。

福岡県農業大学校に向かう途中に高良宮はあります。

koragu2.jpg

koragu3.jpg

傍らには猿田彦大神の石碑があります。

koragu4.jpg

さて、それでは誰もいないこの階段を上っていきます。

koragu6.jpg

koragu5_1.jpg

koragu7.jpg

石畳の先に社殿が見えてきました。

koragu8.jpg

koragu9.jpg

koragu10.jpg

(実はここまできて一度引き返し、
別の日にもう一度来て撮った写真です。
なんと写そうとするとデジカメのバッテリーが切れていたのです。
予備までも…)

koragu11.jpg

脇にもお堂が…。

koragu12.jpg

koragu13.jpg

社殿は立派です。
絵馬がたくさんかかっています。

では、出会ったとたん、
わたしが一人微笑んだ狛犬さんの阿形(あぎょう)から。

koragu14.jpg

koragu15_1.jpg

koragu23.jpg

koragu16_1.jpg

邪心のない、いたいけなお顔です。

koragu17.jpg

koragu18.jpg

髪も尻尾もねじねじのこの表現が特徴です。

koragu19.jpg

koragu20.jpg

koragu21.jpg

koragu22.jpg

ねじねじの表現が丁寧です。

次は吽形(うんぎょう)です。

koragu25.jpg

koragu24.jpg

koragu26.jpg

koragu28.jpg

koragu30.jpg

koragu35.jpg

koragu34.jpg

残念ながら制作年代と石工さんの名前がはっきりしません。
明治3●年、
北谷石工 春●●平
いつかどこかで、この北谷の石工さんが彫った
ほかの狛犬に出会えたらいいなと思います。
そのときには名前がしっかり残っているといいんですけど…。

おまけの絵馬です。

koragu36.jpg

koragu37.jpg

koragu38.jpg

koragu1.jpg

社殿の裏には山へ続く道が…。
でも一人なので、奥へは行く勇気がありません…。
この場所でもどきどき…。そそくさと撮影をすませました。
(恐がり屋です…ふらふら





かわいいPR・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
セラミックレードルスタンド
posted by 理乃(ニックネーム) at 14:42| 福岡 ☀| Comment(10) | ★狛犬玉手箱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月02日

狛犬玉手箱 その6 老松神社のイケメン狛犬

「太宰府の狛犬研究」6回目は
前回のブログでご紹介した老松神社の狛犬です。

oimatsukoma1.jpg

社殿の前に狛犬がいます。
この瞬間、わくわく!
どんな狛犬に出会えるんだろうって。

さて、これが老松神社の狛犬です。
まずは右の阿形(あぎょう)。

oimatsukoma2.jpg

oimatsukoma3_3.jpg

均整のとれた体つき。

oimatsukoma4_1.jpg

立派だった尾は残念ながら折れています。

oimatsukoma5.jpg

石工は白水久兵衛さん。

oimatsukoma6.jpg

明治36年に作られています。

oimatsukoma7.jpg

後ろ足の毛のカーブのラインがきれい。
この狛犬は作者は違いますが、
肋骨が浮き出たスリムな体型といい
王城神社の狛犬と酷似しています。
王城神社の狛犬の方は明治33年なので若干古く、
作者も異なりますが、
わたしのにらんだところ同じ工房、
もしくは近い系列の工房で作られたものと思われます。
そしてこの白水久兵衛さんの方が彫りの技術はあると思います。

oimatsukoma8.jpg

oimatsukoma9.jpg

oimatsukoma10_2.jpg

イケメンです。

oimatsukoma11_1.jpg

少し上向きかげんで。
すると笑っているみたい…。

oimatsukoma12.jpg

次は左の吽形(うんぎょう)。

oimatsukoma13.jpg

oimatsukoma14.jpg

こちらは尾が折れていません。

oimatsukoma15.jpg

oimatsukoma16.jpg

oimatsukoma17_1.jpg

oimatsukoma19_2.jpg



ラベル:狛犬
posted by 理乃(ニックネーム) at 00:35| 福岡 | Comment(2) | ★狛犬玉手箱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月23日

狛犬玉手箱 その5 王城神社の明治の狛犬

通古賀にある王城神社(おうぎじんじゃ)は以前ご紹介しています。
本日は、そこの狛犬をご紹介します。
とてもよい狛犬です。
由緒ある神社にはよい狛犬がいます。

さて、でもどのくらいの方が王城神社をご存知なのでしょう。
分かりにくい住宅地にあるため、
まずは地図で位置を確認しておきましょう。



王城神社は7世紀に天智天皇が大野城を築く際に
今の場所に移したということなので、
それ以前から歴史があるのです。

そもそも事代主命(ことしろぬしのみこと=恵比寿神)をお祀りしている神社です。
神武天皇(じんむてんのう)が四王寺山に城を築いたときに
武甕槌命(たけみかづちのみこと)と
事代主命を祀ったことに由来するとされています。

ogi1_1.jpg

いろんな行き方があると思いますが、
今回は明治屋さんの方角から行きましたので、
この看板に出会いました。
矢印のとおりに進むと、地図上の足跡の位置となります。
この奥に王城神社が見えています。

ogi2_1.jpg

近づいていきましょう。
(地図の足跡印の位置から見た風景)

ogi3.jpg

ogi21.jpg

いますねえ。
狛犬さんたち。

ogi15_2.jpg

さて、では右の阿形から。

ogi4_1.jpg

思わず興奮!
いいじゃないですか。この姿!
狛犬を見て、一人喜ぶわたし…。
左手でサッカーをしていた子どもたちが
何やってるんだろうという目で見ています。
そして「シーサー、シーサー」って言ってます。
違うでしょ。狛犬でしょ。と思いつつも撮影に没頭するわたし…。

ogi5_1.jpg

この口の形状はかなりユニーク!
狛犬を造形作品としてとらえるわたしとしては
ユニークさは最も大事。

ogi6.jpg

彫りの技術は高度とは言えませんが、
精悍な姿がいいです。

ogi8_2.jpg

背中は肉付きが薄く、
背骨とあばら骨まで彫り出しています。
それにこのドレッドヘア。

ogi9_1.jpg

バランスいいですね。

ogi10.jpg

笑ってるでしょ。

ogi12.jpg

鼻ひげもあり。

ogi20.jpg

生きています。この表情。
劇画っぽい!

ogi11.jpg

豪快な笑い!
たまりません!

ogi7.jpg

台座を見ると明治33年と彫ってあります。
石工の名前は河内…。
以下読めません…。
誰かわたしに拓本させて…。
石工の河内さんの作品をもっと見たいと思います。
こんなすてきな狛犬を作るんですから。

ogi13_1.jpg

左の吽形です。
閉じた口は波打っています。

ogi14_1.jpg

ogi17.jpg

ogi18_1.jpg

ogi19_1.jpg

こわそうにしてても、こわくない。
パーツが全部、人(狛犬)がよさそうで。
石工の人柄がにじみ出ているのです。

愛すべき狛犬、ここにあり。



かわいいPR・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
手芸好きさんが喜ぶスタンプ10点セット


posted by 理乃(ニックネーム) at 11:48| 福岡 ☀| Comment(4) | ★狛犬玉手箱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月03日

狛犬玉手箱 その4 太宰府天満宮境内(4)

太宰府天満宮の狛犬たち。
本日は本殿前の白い狛犬をご紹介します。

白い狛犬。
これはほかにも見られるのでしょうか?
わたしはまだ太宰府天満宮でしか見たことがありません。

全体が白い石でできています。
石の種類には詳しくないので何か分かりません。
大理石でしょうか?
どなたかご存知でしたら教えてくださいね。

shirokoma1_1.jpg

阿形(あぎょう)。

shirokoma2.jpg

shirokoma3.jpg

下の歯も彫られてします。
それに舌までも。
舌まで彫られている狛犬を見たのは初めてです。
目は金属が埋め込まれています。
ブロンズに瞳の部分は鉄でしょうか?

shirokoma4.jpg

shirokoma5.jpg

尾も豪華。
右巻き、左巻きの渦巻きでできています。

shirokoma6.jpg

吽形(うんぎょう)。
小さな角があります。

shirokoma10.jpg

shirokoma11.jpg

shirokoma9.jpg

台座に福岡湊町と彫られています。
湊町の方々が奉納されたものなのでしょう。



posted by 理乃(ニックネーム) at 12:37| 福岡 ☔| Comment(4) | ★狛犬玉手箱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月01日

狛犬玉手箱 その3 太宰府天満宮境内(3)

太宰府天満宮の狛犬たち。
その3は楼門前の狛犬です。

dazakomaromon1.jpg

阿形(あぎょう)。
とても太い足をしています。
奉献、博多とあるので
博多の人々が奉納した狛犬でしょうか。

dazakomaromon2.jpg

胸元の毛がもこもこしています。

dazakomaromon3.jpg

dazakomaromon5.jpg

dazakomaromon6.jpg

dazakomaromon4.jpg

明治39年再建と書かれています。
ということは、それ以前に別の狛犬があったということ?
その狛犬の行方は??

dazakomaromon7.jpg

吽形(うんぎょう)。
角があるから正統派?

dazakomaromon8.jpg

いいですねえ。
この吽形。
中世の武士のような風情。
甲冑をまとっているようにも見えます。

dazakomaromon9.jpg

この無骨な感じ、いいです。

dazakomaromon10.jpg

dazakomaromon11.jpg

見張っているぞ、という雰囲気が出ています。

dazakomaromon12.jpg
posted by 理乃(ニックネーム) at 11:17| 福岡 ☁| Comment(2) | ★狛犬玉手箱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月31日

狛犬玉手箱 その2 太宰府天満宮境内(2)

太宰府の狛犬たち、その2は
その1の狛犬より前に戻って太鼓橋の前にある狛犬をご紹介します。

わたしの観察では太鼓橋の前から本殿前までに
4対の狛犬がいます。

dazakoma1.jpg

まずは阿形(あぎょう)。

dazakoma2.jpg

丁寧な造形です。

dazakoma4.jpg

dazakoma3.jpg

台座には菊の模様があり、
太宰府聖廟と書かれています。

dazakoma5.jpg

吽形(うんぎょう)です。

dazakoma7.jpg

右の前足で小さな玉を踏んでいます。

dazakoma8.jpg

dazakoma9_3.jpg

後ろ姿。
たてがみに細かく入ったラインが流麗です。






posted by 理乃(ニックネーム) at 12:26| 福岡 ☁| Comment(2) | ★狛犬玉手箱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月17日

狛犬玉手箱 その1 太宰府天満宮境内(1)

新しく太宰府の狛犬たちのシリーズをスタートします。
奥が深いと改めて気づいた狛犬の世界。

手初めは太宰府天満宮境内の狛犬。
瞳にブルーのガラス玉(?)が入っています。
これってやっぱり豪華!
さすが太宰府の狛犬。
大きな玉の上に前足をかけた姿です。

tnmangukoma1_1.jpg

口を開けた阿形(あぎょう)です。

技術も確かな石工が作った狛犬。
横に長い面立ちで、
飛び出た大きな瞳が印象的。
台座にも椿でしょうか、
花の装飾が施された華やかさがあります。

tanmangukoma2.jpg

up3.jpg

たてがみの塊の中央が盛り上がっている表現が特徴です。

up4.jpg

口の中にも玉を銜えています。
下の歯もしっかり彫られています。

tenmangukoma.jpg

口を閉じた吽形(うんぎょう)です。

tenmangukoma4.jpg

up2.jpg

up1.jpg

目が合っちゃいました?

口を閉じても歯は出てます…。
posted by 理乃(ニックネーム) at 11:50| 福岡 ☁| Comment(4) | ★狛犬玉手箱 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする