2010年04月09日

国分丘陵展望所

水城の展望所はよくご存知かな?

higashimon4.jpg

ちょっと上に上がるだけで、
水城が見下ろせる気持ちのいい場所です。

さて、見慣れたこの風景ですが、
今日はうしろを振り返ってみましょう。

higashimon5.jpg

このように国分丘陵が背後にあります。
尾根のようなこの道は国分小学校の裏へと続きいています。

今日はこの道を奥へ進んでみましょう。
わたしも初めて歩く道なんです。
ではごいっしょに。。。

mizukitenbosyo_1.jpg

ここへ来るときは歩きやすい靴を履いてお出かけください。

途中、こんな祠が。。。

mizukitenbosyo2.jpg

中を覗いてみると。。。

mizukitenbosyo3_1.jpg

これは水城の神さま。
妙見さんといいます。

さて、妙見さんとは何でしょう。
妙見という言葉は聞き覚えがありますよね。
福岡市の東公園近くにも妙見という交差点があります。

妙見とは妙見大菩薩のこと。
妙見大菩薩は真言密教の仏様。
北斗七星を象徴する天空の中心をつかさどる仏様「妙見さん」として
昔から信仰されてきました。
これは道しるべみたいなものらしいです。

さあ、もう少し進みます。

すると、国分丘陵の展望所があり、
視界が開けます。

水城が見えます。

mizukitenbosyo4_1.jpg

クリックしてご覧ください。

水城は文字どおり水の城。
敵を迎え撃つ福岡側の右手は斜面が急で
大宰府側はゆるやかな勾配となっています。
そして福岡側は水の濠があったといいます。
古代の一大国家事業の跡が今も残っている。
太宰府の素晴らしさを痛感する場所です。


posted by 理乃(ニックネーム) at 18:22| 福岡 ☁| Comment(2) | ●国分丘陵展望所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする