2018年08月17日

森鴎外「小倉日記」

img537.jpg


森鴎外の「小倉日記」。
明治32年から35年まで、2年10ヶ月に渡って、
第12師団軍医部長として小倉に暮らした鴎外は誰と会ったとか、
どこに行ったとか、淡々とした文章で小倉時代の日記をつけていました。
ただ漢文調なので、読みにくい。

その中で二回太宰府を訪れたことが書かれています。
一回目は明治32年10月2日。
久留米米出張の時、二日市から人力車に乗って、
太宰府に泊まっています。
その旅館こそ参道の「松屋」さん。
隣室は村の男が泊まり、女性を数人連れ、
淫猥な歌を歌ってうるさい。
さらに住吉小学校の生徒百余人が同宿。
生徒たちは宝満山へ登って日の出を拝むために、
朝二時に起きて出かけていきました。
終夜騒がしくて眠れなかったと散々な印象が書かれています。
そして一句。
「遠足や 生徒寝あまる 秋の宿」

翌日は天満宮、観世音寺で丈六仏を見、
戒壇院、都府楼跡まで足を伸ばしています。
今ある3つの碑は当時、都督府古址、太宰府址碑の2つしかなく、これも見ています。

二回目は明治35年3月19日。
再婚した美しい妻、茂子を連れて。
雑餉隈で下車し、大野、水城を経て祠に行き当たります。
祠がどこかは不明。
夜は田中賢道氏の家に泊まり、吉嗣排山も来て、
高山彦九郎正之の書を見ています。
翌日も吉嗣排山が訪れ、書画扇を贈られています。
posted by 理乃(ニックネーム) at 00:42| 福岡 ☁| Comment(0) | ★太宰府関連本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月12日

how's

太宰府にも雑貨屋さんはいろいろあります。
大佐野のhow'sさんもその一つ。

DSC_0280 - コピー.JPG


ここ、パソコンのアプライドの系列店なんですね。

今回は姪たちのプレゼントを買いに行きました。

DSC_0281 - コピー.JPG

かわいいふきんと鉤型のアンティークな感じの
スプーンとフォークがありました。

自分用に欲しいものもいろいろ。
posted by 理乃(ニックネーム) at 13:21| 福岡 ☁| Comment(0) | ★雑貨 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月04日

小森マクロビオティック

今日のランチは友だちと観世音寺近くの「小森マクロビオティック」に行ってきました。

DSC_0167 - コピー.JPG

お肉や卵、お砂糖を使わないヘルシー料理。
玄米おむすびの上にはお味噌。
メインは八宝菜だけど、お肉に見えるのは大豆製品で、
お肉そっくり。
あずきかぼちゃも。
大根にはクミンがまぶしてありました。
マクロビ料理教室をされているし、
ケータリングも。
目の前は観世音寺の史跡地。
コスモスやウマノアシガタの花咲く時期に訪れると、
さぞかしすてきでしょう!
※マクロビランチ1150円(予約制)

連絡先はこちら。
http://www.komori-mbcs.jp/

posted by 理乃(ニックネーム) at 18:23| 福岡 ☀| Comment(0) | ★グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月01日

五条の創作居酒屋 howl ハウル

最近太宰府に若いオーナーたちの飲食店ができてきて、
うれしい限りですが、五条のここもお勧めのお店。

DSC_0463 - コピー.JPG

DSC_0485 - コピー.JPG

DSC_0464 - コピー.JPG

DSC_0455 - コピー.JPG

手作りの内装もすてきだし、お料理の腕も確か。
洋と中華のシェフがいるので、バラエティに富んだメニューが魅力です。
得意の肉料理はいろいろあって目移りしてしまいます。

DSC_0467 - コピー.JPG

DSC_0477 - コピー.JPG

DSC_0475 - コピー.JPG

DSC_0482 - コピー.JPG

暑い夏、お肉をしっかりいただいて元気を出したいもの。
どれもこれもお肉のセレクトもよく、美味しいです。

DSC_0474 - コピー.JPG

DSC_0479 - コピー.JPG

ランチもやってますよ。
場所は五条ジョイント前のハウルの城に出てくるみたいな、
建てまし方が不思議な建物の二階。
表側には美容院と自転車屋さんがあるので、
裏に回って二階へどうぞ。
前にパーキングあり。
posted by 理乃(ニックネーム) at 13:00| 福岡 ☁| Comment(0) | ★グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月13日

九博「至上の印象派展

デイサービス拒否の母のために自前でやっているデイサービス。
本日は九博の「至上の印象派展」へ連れていきました。
先週の土曜日、観世音寺界隈でブックカフェをしていたとき、
政庁通りが渋滞していましたが、
平日の今日、まさかの混雑。
駐車場は満杯!
ものすごい人気なんですね。
さて、朝、具合の悪かったはずの母は絵を見て少し元気になりました。
母には美術や映画が効くようです。
写真の2作(一部)は撮影自由の皆さまお目当ての作品。

DSC_0220 - コピー.JPG

DSC_0226.JPG

わたしのお気に入りはブラックの「ヴァイオリニスト」でした。
posted by 理乃(ニックネーム) at 16:22| 福岡 ☀| Comment(0) | ●九州国立博物館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月11日

「三十三茶屋」のかき氷

先日の太宰府ブックカフェの帰り、
友だちと三十三茶屋に寄りました。
梅雨だけどお天気で暑かった日。
今年初のかき氷をオーダー。
これがお茶屋さんらしく、すてきに美味しいかき氷でした❤

DSC_0157 - コピー.JPG

グリーンティーを凍らせて氷にしたものと
白い氷をダブルで削ってできた氷。
なんと言ってもお味がいい。
溶けてもグリーンティーを飲む感じて最後までとっても美味しくいただけます。
量もちょうどいい感じ。
今年のかき氷は三十三茶屋でご賞味あれ!

◆三十三茶屋
大宰府政庁跡前
posted by 理乃(ニックネーム) at 17:16| 福岡 ☔| Comment(0) | ★三十三茶屋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月03日

「CAFE COCCOLO」で女子会

昨夜は小鳥居小路の「CAFE COCCOLO(コッコロ)」さんで女子会。

DSC_0032 - コピー.JPG

「CAFE COCCOLO(コッコロ)」さんが入っている小山(おやま)家住宅は
太宰府市指定景観重要建造物であり、歴史的風致形成建造物。

DSC_0030 - コピー.JPG

小鳥居小路に趣を与えている大事な建物です。
これまでCAFEとしてしか利用できてなかったのが、
今回初めてレストランとして夜、行ってみました。
フレンチ&イタリアンですが、なんという美味しさ。
オーダーしたものどれも丁寧なお料理で、とびきり美味しく大満足でした。

DSC_0095 - コピー.JPG
鶏レバーと豚肉のパテのオードブル

DSC_0096 - コピー.JPG
フォアグラの蜂蜜がけ 人参のラペ

DSC_0100 - コピー.JPG
きのこのピザ

DSC_0101 - コピー.JPG
マルゲリータ

DSC_0099 - コピー.JPG
アボガドのサラダ

DSC_0102 - コピー.JPG
ニョッキ

DSC_0104 - コピー.JPG
ウニのパスタ

DSC_0105 - コピー.JPG
抹茶ラテ

参道で夜も営業している貴重なお店でもあります。
それがこんなに美味しいなんて感激❤
お二階もあります。
まだ行かれたことのない方、オススメです。
ぜひ行ってみてね。

posted by 理乃(ニックネーム) at 12:11| 福岡 ☀| Comment(0) | ★参道のグルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月30日

太宰府ブックカフェ

太宰府ブックカフェのお知らせです。

現代小説の中から太宰府が登場する作品を太宰府在住のライターが紹介し、
創作ランチをいただきます。
食後は紫陽花や花菖蒲を観賞しつつ、
作品に登場する場所である観世音寺界隈を散策します。
作品を読んでなくてOK!

【ツアーポイント】
@ ライターの紹介で太宰府が登場する現代小説を知ろう
A オシャレなランチをいただきながらライターや参加者同士で交流しよう
B 作品の登場場所を散策しながら奥深い太宰府の歴史を肌で感じよう

【講師プロフィール】
ライター・詩人 前野りりえ
2014年:「ニューカレドニア 美しきラグーンと優しき人々」(書肆侃侃房)出版
2015年:「麗し太宰府」(書肆侃侃房)出版。語り芝居「南の館の物語」原作
2016年:太宰府市民図書館主催「太宰府で生まれる現代詩」講師
2018年:48回福岡市文学賞詩部門受賞
※福岡県詩人会会員・同人誌「GAGA」同人・大宰府史跡解説員

ツアーの詳細
【日時】
平成30年6月9日(土)10:00〜14:30(Cafe観Canon音解散)
【集合】
10:00  Cafe観Canon音(観世音寺前)
【コース】
Cafe観Canon音(本の紹介:「眩人」松本清張「刀伊入寇」葉室麟「白き瓶」藤沢周平/ランチ交流 参加者も太宰府関連本をご存知でしたらご紹介ください)〜観世音寺界隈散策〜Cafe観Canon音(解散)
【参加費】
3,500円(昼食代、傷害保険含む)
【定員】
15名
【特記事項】
歩きやすい服装でお越しください。雨天決行です。食事準備の都合上、キャンセルは2日前までにお願いします。
【お申込み】
下記のサイトよりお申込みください。
TABICA  https://tabica.jp/travels/4869
【お問い合わせ】
下記のメールアドレス宛てにメールをお願いします。
arukanne.cafe@gmail.com ぷち旅太宰府事務局(前田)
お預かりした個人情報は、当団体において責任を持って保護・管理し、
当企画以外に使用することは一切ありません。
【主催】 NPO法人歩かんね太宰府


太宰府ブックカフェ - コピー.jpg

33814018_1633836890067684_1777525704972304384_n.jpg
会場のカフェ観音

33963512_1633836953401011_6525668950427041792_n.jpg

posted by 理乃(ニックネーム) at 17:42| 福岡 ☁| Comment(0) | NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月24日

梅の意匠コレクション:太宰府天満宮文書館の照明

久々に、梅のデザインを見つけました。

DSC_0208 - コピー.JPG

太宰府天満宮文書館の照明。
さすがに立派です。
普段は入れない文書館。
でも7月1日まで、
「太宰府、フィンランド、夏の気配。」展が開催されているので、
中に入ることができます。

DSC_0175 - コピー.JPG
ラベル:文書館 太宰府
posted by 理乃(ニックネーム) at 18:04| 福岡 | Comment(0) | ★梅のデザインコレクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

梅の意匠コレクション:太宰府天満宮文書館の照明

久々に、梅のデザインを見つけました。

DSC_0208 - コピー.JPG

太宰府天満宮文書館の照明。
さすがに立派です。
普段は入れない文書館。
でも7月1日まで、
「太宰府、フィンランド、夏の気配。」展が開催されているので、
中に入ることができます。

DSC_0175 - コピー.JPG
posted by 理乃(ニックネーム) at 18:04| 福岡 | Comment(0) | NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする