2017年02月02日

「九州太宰府殺人事件」 木谷恭介著

K氏が今読んでいると教えてくれた「九州太宰府殺人事件」。
テレビドラマ化されるなどミステリー作家として売れっ子だった木谷(こたに)恭介。
旅情ものをいくつも書いている中で今回、太宰府だったのに興味を覚え読んでみた。
警察庁長官直属で、管轄区域や警察組織の壁を越えた捜査権限を持つ警察庁特別広域捜査官、
宮之原昌幸警部が殺人事件を解決するシリーズものの一作だ。
といってもこの作品は経済小説のようでもある。
銀座のバー「キリコ」を訪れた2日後に月丘建設の元常務、
宝生和浩が秋月で残忍な死体となって発見される。
胸には梅の枝が置かれ、コートと上着の間に短冊が挟まっていた。
そこには旅人の
「わが苑に梅の花散るひさかたの 天より雪の流れ来るかも」
という歌が書かれていた。
月丘建設は2ヶ月ほど前に倒産していた。
キリコに勤める冬子は宮之原警部と事件解明のため動く。
そして月丘建設が倒産に至った経緯が少しずつ解き明かされていく。
倒産の前に月丘建設の株を売ったのは柳明笵。
そのバックには元建設大臣の粟津がいた。
なぜ宝生は秋月で死んだのか。
福岡県は粟津の選挙区であり、太宰府に家があった。
さらに背後に政官財界を牛耳ったフィクサー、鬼島がいた。
その愛人鳥海弥生が政官財界の大物が集うサロン「ロプノール」のママであり、
出身地が秋月だった。
宝生が秋月へ行く前、立ち寄ったということで太宰府が登場する。
冬子と宮之原警部は都府楼前駅にやって来て、
展示館、観世音寺、五条、天満宮を訪れる。
作中描写される古代の大宰府については的確だ。
ここで宮ノ原警部は面白い説を語る。
「白村江の戦いで百済が滅び貴族のほとんどが日本に移住した…。
大和政権は百済そのものなんじゃないか」と。
柳明笵は株を売った大金の小切手をヘッジファンドに送金した。
ここで作家はヘッジファンドというマネーゲームを批判する。
「今の不況はバブルの後始末が上手く行かないから。
銀行が国や大蔵省を頼りにして自分で後始末をつけないから。
同時に金融行政を取り仕切っていた大蔵省の責任でもある。
その後のビックバンでアメリカは1200兆円と言われている
日本人の個人資産を剥ぎ取ろうとしている」と。
そして巨額の金はヘッジファンドに送られたのだ。
最後で宝生と旅人の関係が語られる。
宝生は大宰府へ左遷された旅人に自分をなぞらえたのではないかと。
「歴史は陰謀と裏切りの連続。時代が変わってもそれは変わらない」
しかし、梅は永遠に咲き続けている小説は結ばれている。
確かに。人の世は醜い。
けれど梅は今年も高貴な香りを漂わせれいる。

九州太宰府殺人事件 (ハルキ文庫) -
九州太宰府殺人事件 (ハルキ文庫) -
posted by 理乃(ニックネーム) at 23:02| 福岡 ☀| Comment(0) | ★太宰府関連本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月29日

毘沙門堂再建

去年の12月12日に火災で全焼した国分寺奥の毘沙門堂。
なんと、もう再建されていました。
びっくり!

16406603_1169794006471977_7896313914047263951_n.jpg

16195562_1169794013138643_1117015063419492881_n.jpg

中の毘沙門天様は?

16387220_1169794009805310_6121595685271213381_n.jpg

修理中ということなので、いずれ戻って来られるでしょう。
よかった!
posted by 理乃(ニックネーム) at 23:09| 福岡 ☔| Comment(0) | ●毘沙門堂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月19日

刀伊入寇 藤原隆家の闘い 葉室麟著

刀伊入寇 藤原隆家の闘い (実業之日本社文庫) -
刀伊入寇 藤原隆家の闘い (実業之日本社文庫) -

久しぶりに面白い小説を読んだ。
面白すぎる。
元寇の前に刀伊(とい・女真族)という外敵が博多に攻めてきてたなんて。
もしもそのとき藤原隆家が大宰権帥として赴任していなかったら、どんなことになっていたかわからない。
そんな大事な歴史なのに、なぜこんなにも知られていないのか不思議だ。
この小説はそんな歴史の真実を踏まえながら、
清少納言と紫式部が同時に宮仕えをしていたり、
安倍晴明が出てきたり、
隆家が対立する花山院に刀伊の一族が仕えていたり、
物語を面白くする仕掛けがもりだくさんだ。
なにより主人公の隆家がかっこいい。
政界を牛耳った道長の甥で一条天皇の后の定子の弟である隆家。
兄の伊周(これちか)、父の前関白の道隆同様に美男の隆家は殿上人でありながら荒っぽい。
やがて政争に明け暮れる京に嫌気がし、自ら望んで大宰府にやってくる。
そして侵攻してきた刀伊は壱岐・対馬を襲い、博多で民家を焼いた。
刀伊に立ち向かう隆家に作家が言わせる言葉がいい。
それはなぜ隆家がこの国を守るのかということ。
「この国には敗者を美しく称える雅の心がある。だからこそ、この国を守りたいと思う。この国が滅びれば雅もまた亡びる」
そして滅亡した渤海国の末裔、女真族に対する眼差しがまたいい。
博多を荒らした女真族は祖霊の地に戻り、金を建国。金は北宋と盟約を結び、宿敵契丹を滅ぼす。やがてモンゴルに滅ぼされるまで、百年間、北部中国を支配した。
滅んだ国の末裔たちの悲しい生。隆家が契る女真族の怪しい女、瑠璃。そして生まれた息子は物語だけの存在だが、その者たちに対する隆家の接し方がいい。
1000年前に起きた刀伊入寇、そしてこの地で活躍した隆家という人。
もっともっと知られなければならないと思う。
にしても鎧と烏帽子をつけ闘う隆家はかっこよすぎだ。
posted by 理乃(ニックネーム) at 02:19| 福岡 ☁| Comment(0) | ★太宰府関連本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月17日

「笠乃家」リニューアル

どんどんリニューアルが進む太宰府ですが、
「かさの家」にあらず「笠乃家」さんも
店舗が改装されているのに気付きました。

DSC_0886-2 - コピー.jpg
posted by 理乃(ニックネーム) at 11:27| 福岡 ☀| Comment(0) | ★参道のお店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月16日

「ぎゃらり 楓」さんの小銭入れ

15977971_1157342987717079_7994793453042967156_n.jpg

参道の和雑貨屋さん「ぎゃらり 楓」さんの店頭で売っている小銭入れ。
300円。

16113912_1157343007717077_8398809063698931296_n.jpg

ちょっとした和のお土産屋にグッド。
梅のほかに、梟、金魚、猫もあり、
カラーも赤、黒、緑、黄緑、ピンク、オレンジがあります。
素材は革。
手作りだから一つ一つビミョウに違います。

16114856_1157343041050407_913930309888686023_n.jpg

わたしは銭湯に行くときに利用してます。
アクセサリーや薬入れなどにも使えそう。

posted by 理乃(ニックネーム) at 22:33| 福岡 ☁| Comment(0) | ★梅のデザインコレクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月14日

ViTO太宰府天満宮店

もと「みどりや」という梅ヶ枝餅屋さんがあった場所に
「ViTO(ヴィト)」っていうジェラート屋さんの太宰府天満宮店ができています。

DSC_0878 - コピー.JPG

「みどりや」さんは店じまいしたわけではなくて、
「寺田屋」の先の心字池の前に移転しています。
「ViTO太宰府天満宮店」はインターナショナルな雰囲気の参道の
海外からのお客さまを意識したお店。

DSC_0881 - コピー.JPG

店内にはexchangeを設置。

DSC_0882 - コピー.JPG

ジェラートも黒胡麻などがあり、フィナンシエも和のテイストです。

posted by 理乃(ニックネーム) at 15:36| 福岡 ☁| Comment(0) | ★参道のグルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月10日

森の天神跡地

武蔵寺そばのおそばやさん「一作」。
その敷地内に森の天神跡地という碑が建っているのに気づきました。

15977660_1151575018293876_3008557176067567456_n.jpg

かつてここには5〜6mの小高い森がありました。
この地で菅原道真公は自らの木像を彫ったということです。
そのため、森の天神と呼ばれていましたが。平成11年に平地にされました。
ここにあった祠は武蔵寺の左手の御自作天満宮に移されました。
道真公の木像は安土桃山時代に島津軍が侵攻してきた際、
頭部を残し焼失しました。
後に橘氏が復元し、御自作天満宮の御神体として安置されています。
御開帳は1月、4月、10月の25日となっています。

15965429_1151575054960539_3098253369370714576_n.jpg
posted by 理乃(ニックネーム) at 22:15| 福岡 ☁| Comment(0) | ●太宰府市外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月05日

25日はヨモギ入り梅ケ枝餅の日

梅が枝餅はいつもノーマルな白ばかりでなく、
毎月17日は古代米入り、
25日にはヨモギ入りが売られます。
狙っていくわけではないので、
行ったときたまたま今日はヨモギ入りの日だった、なんて気付きます。
17日の方は2015年10月17日に九州国立博物館の10周年を記念して
販売したら人気だったため、
翌月から毎月「きゅーはくの日」に販売されるようになりました。
25日のほうは天神さまの日だから。
道真公の誕生日が845年6月25日で、
命日が903年3月25日であることから、
毎月25日を「天神さまの日」として例祭が行われ、
それに合わせてヨモギ入り梅ヶ枝餅が販売されているのです。

DSC_0478 - コピー.JPG

写真は昨年12月25日の「甘木屋」さんのもの。
中にイートインがあり、梅ヶ枝餅1個だけでも、
快く中で食べさせてくれます。
セルフサービスでお茶も用意されています。
おもてなしの心が生きた茶店です。
しかも建物は第1回景観大賞を受賞した歴史を感じさせるものです。
posted by 理乃(ニックネーム) at 22:28| 福岡 ☁| Comment(0) | ★1個でも店内でいただける梅ヶ枝餅屋さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月04日

谷保天満宮

東京都国立市、甲州街道沿いに谷保(やほ)天満宮があります。
創建は903年(延喜3年)。
この天満宮は道真公の三男道武が
父を祀る廟を建てたことに由来するそうです。
道真公に道武という息子は存在しないようなのですが、
父が左遷されたときに同じく流刑されたのでしょうか?
谷保天満宮では、やはり梅の木が美しい花を咲かせるとのこと。
posted by 理乃(ニックネーム) at 22:38| 福岡 ☀| Comment(0) | ●太宰府市外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月03日

九月のサラフィータ

年末に発行した同人誌GAGA67号に掲載した
サラフィータシリーズの九月のもの。
サラフィータとはわたしの創り出した町。
太宰府と次元を異にしながらも重層的に横たわっている架空の町です。
サラフィータは現実の太宰府の町を見つめることから生まれてきます。
九月のイメージの源泉は古都の光です。
昨年の古都の光をご覧になった方はイメージを重ねていただけるといいかなと思います。
サラフィータシリーズは十二月全部が揃うと完成します。

九月のサラフィータ1 - コピー.jpg

九月のサラフィータ2 - コピー.jpg

九月のサラフィータ3 - コピー.jpg
posted by 理乃(ニックネーム) at 22:08| 福岡 | Comment(0) | ★太宰府の文学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする